2020年のヒット曲20選!邦楽・洋楽のヒットソングやK-POPまで一挙紹介

コロナウイルスの感染拡大により、生活様式がガラッと変わった2020年。

外出自粛期間もあり、自宅でゆっくり音楽を聴く時間が増えたという人も多いのではないでしょうか

そんな中で数々のヒット曲が生まれ、新たなスターも誕生しました。

UtaTen編集部

この記事では、2020年にヒットした曲を邦楽・洋楽・K-POPに分けて紹介していきます。

2020年のヒット曲ランキング

2020年はコロナウイルスの影響で家の中で過ごすことが多くなり、音楽に触れる場面も増えたでしょう。

そんな2020年は、瑛人やYOASOBIなど、新たなスターがたくさん生まれた年でもありました。

また、2020年より前にブレイクしたKing GnuやOfficial髭男dismなどのアーティストも、人気のヒット曲を多くリリースしましたね。

まずは、2020年にヒットした曲をランキング形式で紹介していきます。

 

紅白 アニソン【2020】紅白歌合戦で歌われた歴代アニソン特集!紅白のアニメ枠とは?

 

【第5位】夜に駆ける / YOASOBI

第5位はYOASOBIの「夜に駆ける」です。

YOASOBIは「monogatary.com」という小説・イラスト投稿サイトから誕生した異色のユニットで、第1弾のこの曲を公開すると、瞬く間に話題となりました。

作曲を担当するAyaseのスピード感あふれる楽曲と、ikuraのエモーショナルなボーカルが印象的です。

 

 

【第4位】白日 / King Gnu

2019年にブレイクしたKing Gnuの「白日」が、2020年のランキングでもランクインしました。

この曲は2019年にリリースされ、彼らがブレイクするきっかけとなった曲です。

透き通ったファルセットやレベルの高いバンドサウンドが魅力の実力派で、耳に残りやすいキャッチーさも人気の理由でしょう。

2020年もヒット曲を生み出し続けており、今後も注目のアーティストです。

 

 

【第3位】香水 / 瑛人

2020年に突如として現れ、スターに上り詰めたアーティストと言えば、「香水」でブレイクした瑛人でしょう。

瑛人は無名のシンガーソングライターとして活動していましたが、2019年にリリースした「香水」が2020年に入り人気が急上昇。

人気芸人や著名人がカバーするなど、話題も尽きませんでした。

優しいアコースティックギターと素朴なメロディは、不思議と中毒性がありますよ。

 

 

【第2位】I LOVE… / Official髭男dism

Official髭男dismの「I LOVE…」は、テレビドラマ「恋は続くよどこまでも」の主題歌としても有名です。

透き通った甘い歌声と、美しい純愛の曲に酔いしれた人も多いのではないでしょうか。

恋愛で多くの人が経験する葛藤や不安を歌っており、共感した人も多いはずです。

片思いをしている人の背中をそっと押してくれる、優しい歌ですよ。

 

 

【第1位】紅蓮華 / LiSA

2020年のヒット曲第1位は、LiSAの「紅蓮華(ぐれんげ)」です。

2020年に大ヒットし、社会現象にもなったアニメ「鬼滅の刃」の主題歌で、幅広い世代に親しまれています。

配信シングルランキングやJOYSOUNDのカラオケランキングで1位を獲得するなど、文句なしの結果を残しました。

LiSAの力強い歌声と激しいロックサウンドがマッチしたかっこいい曲なので、アニメファン以外にもおすすめですよ。

 

 

2020年の邦楽ヒット曲

2020 ヒット 曲 邦楽

2020年はライブイベントを行うのが難しく、アーティストにとっては厳しい1年となりました。

しかし、インターネットでのライブ配信や音源のストリーミング配信など、精力的に活動を続けたアーティストも少なくありません。

厳しい状況の中でも邦楽アーティストたちは、新たな試みを続け、多くの人を楽しませてくれました

ここでは、2020年ヒットした邦楽曲を紹介していきます。

 

片思いソング【2020年】片思いソング27曲!泣ける切ない恋愛ソングや前向きになれる明るい歌を紹介

 

炎 / LiSA

アニメの大ヒットに続き、2020年10月16日に公開された「鬼滅の刃」の劇場版。

その主題歌「炎(ほむら)」を歌うのは、アニメ版に続きLiSAです。

夢を追う人々を鼓舞する歌詞や、力強いLiSAの歌声は多くの人の心を揺らしてくれるでしょう。

映画の内容ともマッチした曲なので、原作のファンには特におすすめですよ。

 

 

虹 / 菅田将暉

俳優としても活躍する菅田将暉の「」は、2020年のヒット曲の1つです。

2018年の「さよならエレジー」でタッグを組んだ石崎ひゅーいが、1年間かけて作詞・作曲しました。

アコースティックギターと菅田将暉の優しい歌声がマッチした、温かい曲です。

映画「STAND BY ME ドラえもん 2」の主題歌となっており、映画の世界観を彩っています。

 

 

猫 / DISH//

DISH//の「」は、あいみょんが作詞・作曲したことでも話題となりました。

オリジナルバージョンはもちろん、「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」の再生数も凄まじい勢いで伸び、併せて1億回以上再生されています。

THE FIRST TAKEバージョンはピアノとカホンのアコースティックな構成で、伸びやかな歌声がいっそう際立っていますよ。

 

 

あなたがいることで / Uru

注目のシンガーソングライターUruの、「あなたがいることで」も2020年のヒット曲の1つです。

ドラマ「テセウスの船」の主題歌で、ドラマのヒットと同時に話題となりました。

Uruの透き通った繊細な声が魅力で、大切な人を守りたいという気持ちが込められています。

2020年3月には有料音楽配信ゴールド認定されており、彼女の代表曲と言えるでしょう。

 

 

裸の心 / あいみょん

あいみょんの10枚目シングル「裸の心」は、2020年間USEN HITランキング第1位に選ばれた、1970年代のフォークソングを彷彿させるような優しいメロディが魅力の曲です。

電子的な音を一切使わず、ピアノやハーモニカといった普遍的な楽器で演奏されているのも、親しみやすい理由でしょう。

歌詞をじっくりと読み、かみしめながら聴くのがおすすめですよ。

 

 

2020年の洋楽ヒット曲

生活様式や音楽の楽しみ方が変わったのは、日本だけではありません。

世界でも音楽の形が大きく変わり、どんどんと新たな音楽や新たなスタイルが生まれています

特に洋楽は流行の最先端を行く曲が多く、世界をリードしているアーティストもたくさんいますよね。

次は、2020年にヒットした洋楽の曲を紹介していきます。

 

bad guy / Billie Eilish

Billie Eilishの「bad guy」は、2019年に全世界で最も売れたシングルとして有名ですが、その勢いは2020年になっても衰えませんでした。

暗く単調なビートと彼女の気だるそうな歌い方は、中毒性抜群で何度も聴きたくなるでしょう。

ファッションや歌詞のセンスが高く、若者を中心に絶大な支持を得ている彼女に今後も注目です。

 

 

Blinding Lights / The Weeknd

カナダのR&BシンガーであるThe Weekndの「Blinding Lights」は、メルセデス・ベンツ社のCMや2020年間USEN HIT洋楽ランキングで第1位を獲得した曲として話題になりました。

1980年代を思わせるような、キラキラしたディスコサウンドと疾走感が車のCMにぴったりですね。

普段、R&Bを歌っている彼からは想像できなかった楽曲で、新たな可能性を示した曲でもあります。

 

 

Rain On Me / Lady Gaga, Ariana Grande

Rain On Me」は、Lady GagaとAriana Grandeの超大物コラボが話題となりました。

Lady Gagaのルーツとなったダンスミュージックを基調としており、2人の力強い歌唱が印象的です。

歌詞はシンプルながら力強く、2人の強い絆も感じられるので、ぜひ歌詞を読みながら聴いてみてくださいね。

 

 

positions / Ariana Grande

Ariana Grandeが約2年ぶりにリリースしたアルバム「positions」は、アメリカだけでなく世界中で大ヒットしました。

中でも、リードトラックとして先行リリースされた「positions」で、世界55か国の国と地域でiTunesランキング1位を獲得しています。

現代の女性としてのあるべき姿を描いた力強い歌詞に注目して聴いてくださいね。

 

 

Yummy / Justin Bieber

Justin Bieberは、ソロとしては4年ぶりとなる「Yummy」を発売し、本格的に音楽活動を再開すると発表しました。

ゆったりとしたビートとメロウな歌が印象的で、Justin Bieberの色褪せない魅力が詰まった1曲です。

「Yummy」には「君は食べちゃいたいくらい魅力的だ」という意味も込められており、大人になった彼のセクシーな一面に注目しましょう。

 

 

2020年にヒットしたK-POP

2020 ヒット 曲 K-POP

近年のK-POPは、そのレベルの高さと流行の最先端を行く楽曲で、世界中から人気を集めています。

世界のチャートで1位を獲得したBTSをはじめ、日本で大流行中のアイドルグループNiziUなど、実力と人気を兼ね備えたアーティストばかりです。

最後に、日本でも人気の高いK-POPの中から、2020年にヒットした曲を紹介します。

 

 

Dynamite / BTS

韓国の男性アイドルグループであるBTS(防弾少年団)の「Dynamite」は、Billboard Hot 100で韓国人初の1位を獲得し、世界中でヒットしました。

シンプルなビートと爽やかなギターサウンドが魅力で、軽やかに歌って踊るメンバーの姿が印象的ですね。

コロナ禍で大変な思いをしている人たちを元気づける曲なので、元気がない時にはこの曲を聴いてみてくださいね。

 

 

Make you happy / NiziU

日韓合同オーディションプロジェクトで話題となったNiziUのCDデビュー曲、「Make you happy」は、2020年を代表するヒット曲と言って良いでしょう。

縄跳びのように手首を回す「縄跳びダンス」が話題となり、Tik TokなどのSNSを中心に社会現象となりました。

曲調も可愛らしく、聴くだけで明るい気持ちになれますよ

 

 

Left & Right / SEVENTEEN

「セブチ」の愛称で親しまれているSEVENTEENの「Left & Right」も、2020年のヒット曲の1つです。

2020年6月にMVを公開すると、わずか1週間で3000万再生を記録するほどの人気を集めました。

メンバーの甘いマスクはもちろん、疾走感のあるラップ、軽快なダンスは見ていて爽快感があります。

この曲が収録されている「Heng:garae」は「青春」をテーマにした力強いメッセージが込められているので、特に若い人におすすめです。

 

 

How You Like That / BLACKPINK

韓国のガールズグループBLACKPINKの「How You Like That」は、彼女たちの個性あふれるヒップホップチューンです。

うねるベースラインがインパクト抜群のトラックで、メロディは幻想的な印象も受けます。

曲の終盤は一気に攻撃的なトラックに変わり、リスナーを飽きさせない展開も魅力でしょう。

 

 

MORE & MORE / TWICE

TWICEの9枚目のミニアルバム「MORE & MORE」は、リリース前の予約だけで50万枚を突破するほどのヒットとなりました。

リードトラックの「MORE & MORE」は幻想的なシンセサウンドと、ヒッピーを思わせるような歌詞が魅力です。

今までのTWICEの明るいイメージを一掃した、彼女たちの新たな一面にも注目してくださいね。

 

 

2020年はヒット曲が盛りだくさん!アニメやSNSで話題の曲をカラオケで歌って踊ろう

2020年はアーティストもリスナーも大変な年でしたが、新しい試みや音楽スタイルもたくさん生まれました

SNSをきっかけに生まれるスターも多く、日々音楽業界から目が離せません。

アニメやドラマ、SNSで話題となった曲も多く、老若男女問わず幅広く楽しめる曲もたくさんありましたよね。

2020年にヒットした曲をカラオケで歌って踊り、楽しい時間を仲間と共有しましょう。

 

この記事のまとめ!

  • 2020年はSNSやアニメで話題になった曲が多く、新たなスターも誕生した
  • 洋楽は2019年からロングヒットを記録している曲も多い
  • 高いパフォーマンス力を誇るK-POPは、世界中でも注目されている

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です