懐かしい80年代アイドルのヒット曲大集合!人気曲&隠れた名曲まとめ

80年代 アイドル

1980年代はアイドル黄金期と呼ばれ、男性・女性問わず多くの人気アイドルが誕生しました。

当時のアイドルが歌った邦楽は、40年近く経った今でも昭和歌謡曲の一部として愛される名曲たちばかりです。

NHKの音楽番組「レッツゴーヤング」を夢中で観ていたような80年代アイドルど真ん中世代の人はもちろん、80年代を知らない若い世代の人でもきっとハマる人気曲がたくさんあります。

UtaTen編集部

このページでは、そんな人気曲とともに隠れた名曲もあわせてご紹介します!

80年代アイドルの特徴

80年代アイドルにはどのような特徴があるのでしょうか?

 

 

80年代アイドルの髪型

80年代は次から次へとスターが生まれたアイドル黄金期です。

アイドルたちはテレビを通して、一般の女性たちにも大きな影響を与えました

それが如実に現れたのは「髪型」です。

俗に”聖子ちゃんカット”と呼ばれる、顔まわりの髪を外向きにくるんと巻き上げた松田聖子さんの髪型は、当時の女の子たちにとって憧れのヘアスタイルでした。

松田聖子さんに憧れたのは一般の女の子たちだけではありません。

同じ80年代に活躍した小泉今日子さんや松本伊代さんも聖子ちゃんカットにしていました。

松田聖子さんの偉大さがわかりますね。

 

花の82年組とは?

80年代にはたくさんのアイドルが生まれ、お茶の間を賑わしてきましたが、その中でも黄金期となったのが82年

この年のデビュー組は後に”花の82年組”とも呼ばれました。

リ・ボ・ン』の堀ちえみさんや『学園天国』の小泉今日子さん、『夏色のナンシー』の早見優さんなど、今でもドラマやバラエティで活躍する息の長いアイドルが多いのが82年組の特徴です。

デビュー当時の写真と今の写真を見比べてみてください!変わらず美しいことにびっくりしますよ!

 

80年代人気女性アイドルのヒット曲

80年代 アイドル 女性 名曲

それでは80年代人気女性アイドルのヒット曲をご紹介します!

 

80年代 邦楽【懐かしい80年代・邦楽ヒット曲】令和でも色褪せないおすすめ名曲まとめ

 

卒業|斉藤由貴

ああ 卒業式で泣かないと

冷たい人と言われそう

でももっと哀しい瞬間に

涙はとっておきたいの

少年マガジンでおなじみのミスマガジンで、第3回グランプリを獲得してデビューした斉藤由貴さん。

そのデビュー曲『卒業』は、卒業シーズンの定番曲となりました。

その後、「スケバン刑事」で女優としても脚光を浴びました。

今では「アイドル・斉藤由貴」よりも、「女優・斉藤由貴」のイメージの方が強いかもしれませんね。

汚れのない純で清楚な歌声がスッと心に染み渡ります。

 

センチメンタル・ジャーニー|松本伊代

https://www.youtube.com/watch?v=3JT8gRVDQq8

伊予はまだ16だから

何かに さそわれて

あなたに さらわれて

センチメンタル・

ジャーニー

田原俊彦さんの妹役オーディションで合格してデビューした松本伊代さん。

今ではタレントのヒロミさんの奥さんというイメージが強いかもしれませんが、デビュー当時は大人気のアイドルだったんです。

デビューシングル『センチメンタル・ジャーニー』は、爽やかで可愛らしい曲。

これぞ松本伊代!」といった代名詞的な1曲です。

 

吐息でネット|南野陽子

吐息でネット

包んでしまいたいハート

なにげない Kissが

とても いとしくて

伝説のドラマ「スケバン刑事」で爆発的な人気を呼んだ南野陽子さん。

女優と歌手の両方で活躍し、マルチな才能でお茶の間を賑わせていました。

そんな彼女の11枚目のシングル『吐息でネット』(発売日:1988年3月7日)は、語りかけるような歌声が可愛らしい1曲です。

コンサートでは「吐息でネット〜♪」のフレーズをファンと一緒に歌って盛り上がります。

 

バレンタイン・キッス|国生さゆり

バレンタインデー・キッス

バレンタインデー・キッス

バレンタインデー・キッス

リボンをかけて・・・

おニャン子クラブの全盛期のメンバーでもある国生さゆりさん。

代表曲『バレンタイン・キッス』は、振付を真似して踊った人も多いのではないでしょうか?

バレンタインの季節になると必ず聴く超定番曲なので、若い人でもきっと聴いたことがあるはずです!

 

80年代人気男性アイドルのヒット曲

80年代の男性アイドルのヒット曲をご紹介します!

 

昭和 アイドル昭和のアイドル名曲ランキング!男性・女性・グループ別に定番曲を厳選紹介

 

お嫁サンバ|郷ひろみ

あわてないで お嫁サンバ

女はいつもミステリー

行かないで お嫁サンバ

一人のものにならないで

1981年にリリースされた郷ひろみさん38枚目のシングル『お嫁サンバ』。

曲名通りのサンバ調の明るい曲で、聴くだけで元気になります。

そんな可愛らしい歌詞と、色気ある郷ひろみさんの歌声のギャップに心撃ち抜かれます。

 

抱きしめてTONIGHT|田原俊彦

AH・・・もっともっと

素直になれ

心の中身を空にして

涙も溶かして

1988年にリリースされた田原俊彦さんの32枚目のシングル『抱きしめてTONIGHT』。

フジテレビ系ドラマ「教師びんびん物語」の主題歌に起用され、ドラマとともに大ヒットしました。

イントロのインパクトが強いので、若い世代の人はサビよりもイントロの方が聴き覚えがあるのではないでしょうか?

 

ジュリアに傷心|チェッカーズ

傷心 Saturday Night

悲しいキャロルが

ショーウィンドウで

銀の雪に変わったよ

(So silent night)

1985年の年間オリコンチャートで第1位を獲得した、チェッカーズの5thシングル『ジュリアに傷心』。

彼ら最大のベストヒット曲ですが、実はこの曲「傷だらけのイエスタディ」というタイトルでリリースする予定だったそう。

歌詞の内容も全く違うとのことで気になりますよね。

キャッチーなメロディとクールなロックンロールサウンドで、一度聴いたら耳から離れない癖になる1曲です。

 

雨の西麻布|とんねるず

”涙お拭きよ”

”よして なぐさめ”

愛の終わり

胸の痛み 雨の西麻布

芸人という枠を壊し続け、今もなお若手芸人の憧れの存在である「とんねるず」。

とんねるずは、バラエティの世界だけでなく音楽の世界でも大活躍しています。

番組スタッフと組んだダンスボーカルグループ「野猿」や氣志團の綾小路翔さんと組んだ音楽ユニット「矢島美容室」など、新しいことに挑戦し続け、どの時代でも音楽シーンを賑わせてきました

80年代には、秋元康さんが作詞・作曲、さらにプロデュースを行った『雨の西麻布』が大ヒット。

バラエティで観るとんねるず節を歌で感じることができますよ!

 

80年代アイドルの隠れた名曲

80年代 アイドル 隠れた 名曲

誰もが知っている曲の多い80年代のアイドルソング。

そんな中で、意外と知られていない隠れた名曲をご紹介します!

 

制服|松田聖子

失うとき はじめて

まぶしかった時を知るの

80年代のアイドルを圧倒的美貌と歌唱力で牽引した松田聖子さん。

赤いスイートピー』のB面である『制服』はファンの間では名曲として知られています

80年代にたくさん生まれた卒業ソングの中でも至極の1曲です。

 

スマイル・フォー・ミー|河合奈保子

https://www.youtube.com/watch?v=xHklikMucig

Smile for me,

Smile for you

あなたが

あなたが

まぶしいわ

笑った時にチラッと見える八重歯が可愛いと、大人気だった河合奈保子さん。

『スマイル・フォー・ミー』は、”これぞ王道80年代アイドル!”ともいえる可愛さ全開のポップなナンバーです。

あなたも河合奈保子さんの八重歯と歌声の虜になってしまうかも!?

 

セカンド・ラブ|中森明菜

抱きあげて

つれてって 時間ごと

どこかへ運んでほしい

ここまでご紹介した80年代の女性アイドルとは一線を画すのが中森明菜さんです。

クールで色っぽい楽曲が多く、中森明菜さんにしか出せない哀愁のようなものがミステリアスさを感じさせます。

1982年にリリースされた『セカンド・ラブ』は、そのミステリアスさや哀愁があるからこそ表現できる名曲です。

当時10代とは思えないほどの表現力を感じてみてください。

 

80年代アイドルの名曲は、時代を超えても色褪せない

いかがでしたか?

音楽シーンとお茶の間を賑わせるアイドルが続々と登場し、アイドル黄金期といわれた1980年代。

可愛い、かっこいいというアイドルとしての魅力だけでなく、なによりも楽曲の質の良さがあるからこそ、40年近く経った今でも愛され続けているといえます。

そして、今でも当時のアイドルが歌手や俳優、タレントとして芸能の世界で輝き続けているからこそ、この時代はアイドル黄金期と呼ばれているのです。

 

この記事のまとめ!

  • 1980年代はアイドル黄金期
  • 花の82年組は今でも第一線で活躍している
  • 隠れた名曲もたくさんある
  • 40年近く経っても色褪せない名曲ばかり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です