1. 歌詞検索UtaTen
  2. あいみょん
  3. 泥だんごの天才いたよね歌詞

「泥だんごの天才いたよね」の歌詞 あいみょん

2015/12/2 リリース
作詞
あいみょん
作曲
あいみょん
文字サイズ
よみがな
hidden
雑誌ざっしきのような少女しょうじょ
チュッパチャプスをくわえて気取きどっているさ
でかめのサングラスはきっと使つかかたらない

となりにはいやをしたやつ
大口おおくちたた大物おおもの気取きど
「どうよわたしらイケてるでしょ」とわんばかりのかおせる

あきらかに小学しょうがく三年生さんねんせい
茶髪ちゃぱつかみらしランドセル
背負せお姿すがた可愛かわいげのない高校生こうこうせいのようだ

となりにはかおしかめる教師きょうし
それに楯突たてつくモンスターペアレント
なになんだかいつからこれが普通ふつうになってしまったのだろう

められた将来しょうらいがあるなんて
窮屈きゅうくつしてるなあ

ちいさなころから気取きどってばかりいること
おしえてほしくないのさ
ふくよごして かみにガムつけて どろだんごをつくろう

電車でんしゃすわむセーラーふく
パンツギリギリにかぜ
中年ちゅうねん親父おやじに「こっちんな」と野次やじばしわら

ドンキにたかる若者わかもの集団しゅうだん
夜間やかん限定げんていで「最強さいきょう」と名乗なの
昼間ひるまおやにペコペコしちゃっていいちゃんをしてんのだろう

いえ素直すなおになれないなんて
どうかしてるなあ

わかいうちにおしえてあげられることつたえてほしい
だから、をそらさずに けっしておこらずに こえをかけてあげよう

戦争せんそうはなしをしてあげよう
地震じしんはなしをしてあげよう
かねはなしをしてあげよう
人生じんせいはなしをしてあげよう


なにらずにだれかをきずつけてふさぎこむるように
をそらさずに けっしておこらずに こえをかけてあげよう

ちいさなころから気取きどってばかりいることおしえてほしくないのさ
ふくよごして かみにガムつけて どろだんごをつくろう