1. 歌詞検索UtaTen
  2. あがた森魚
  3. 雪ヶ谷日記歌詞

「雪ヶ谷日記」の歌詞 あがた森魚

2015/3/1 リリース
作詞
稲垣足穂「雪ヶ谷日記」より
作曲
あがた森魚
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆきたにりょうは、閑静かんせい避暑ひしょホテルともれるカッテージふう建物たてもの
部屋数へやかずやく八十はちじゅう
あかるい食堂しょくどう円形えんけいぶねのあることがわかった
スペインがわらあか屋根やね前景ぜんけいにして、馬込まごめむらおかおか横顔よこがおがあり
その手前てまえ横切よこぎって時々ときどきおもちゃのような汽車きしゃ通過つうかする

きくはなをちぎって まきらしたようなほし
サーチライトは着物きものげたのようだ
せいひょう旋回せんかいする
トウモロコシのっぱがひるがえって
きくはなをちぎって まきらしたようなほし

明方あけがた洋服ようふく箪笥たんすのある部屋へやまして
まどそとにべらぼうにおおきなほし
馭者ぎょしゃは、ちょうどその上方じょうほうにあり
右寄みぎよりにオリオンの蝶々ちょうちょうにせりがっている

きくはなをちぎって まきらしたようなほし
サーチライトは着物きものげたのようだ

夕方ゆうがた屋上おくじょうのヤグラにのぼって、半月はんつきのおもてに西洋せいよう婦人ふじん横顔よこがおさぐった
天上界てんじょうかい
そしてここから一様いちよう見渡みわたすことのできる下界げかい樹々きぎ
戦争せんそうなどは歴史れきしのうわっつらのサザナミだ
なにもかもむかしのままで、しばしの悪夢あくむていたのだというがする
(八月はちがつ十七日じゅうしちにち)

せいひょう旋回せんかいする
トウモロコシのっぱがひるがえって
せいひょう旋回せんかいする

屋上おくじょうのパノラマ風景ふうけい
馬込まごめむら一郭いっかく木立こだちをまじえた起伏きふく
ワーズワースという連想れんそうさせる
透明とうめい空気中くうきちゅうをカラスが三羽さんばかえって
さら西方せいほうわたどりぎてった
その下方かほうに、真紅しんく縁取ふちどられた怪異かいいくもっている
進駐軍しんちゅうぐんにそなえて、おんな食糧しょくりょうがあわててかくされつつある
(八月はちがつ十九日じゅうくにち)

中庭なかにわにそよぐトウモロコシのずれ
日々ひび人々ひとびとってひろやかたさびしい午後ごご
夕方ゆうがた展望台てんぼうだいあにおさなおとうととの対話たいわ-
おとうとにいちゃん、あのやま富士山ふじさんおなじかい」
あに「くっついているけど、富士山ふじさんほうむこうにあるんだぞ」
おとうとにいちゃん、お月様つきさまきてるんかい」
あにらないよ」
おとうと「じゃだれまわしているの」
あに「だれもまわしてなんかいるもんか」
おとうと「じゃなぜうごくの。くもきているんかい。よう、おしえておくれよ」
(八月はちがつ二十日はつか)

天候てんこう回復かいふく
かぜいて断雲だんうんしきりにひがしび、ほししめ旋回せんかいする
トウモロコシのひるがえって、草々そうそうひかりながらなびいている
そらあおをここにうつした露草つゆくさ一点いってん!
郵便局ゆうびんきょくよこで、おんなのノートらしい一片いっぺんをひろった
きくはなをちぎって まきらしたようなほし
サーチライトは着物きものげたのようだ」
と、そのノートに鉛筆えんぴついてあった
(八月はちがつ二十四日にじゅうよっか)

だいだいいろ紺色こんいろのぼかしのなかっかかった白銀はくぎんゆみ
ヘブルじんながめ、ヨブのうつったのとおな新月しんげつ
一昨日いっさくじつ新宿しんじゅくで、しろほしえがいた、ワゴンをつらねてんでくる、
アメリカ騎兵隊きへいたい
ヘルメットをかむった蝋人形ろうにんぎょう大部隊だいぶたい
これを茫然ぼうぜんやる群集ぐんしゅう
浦上うらがみ天主堂てんしゅどうにおけるいち万人まんにん犠牲ぎせいわせて
すべてはあたらしい『旧約聖書きゅうやくせいしょ』のページをっている気持きもちである
(九月くがつ九日ここのか)

すようなヴィナス
秋日和あきびより
藤色ふじいろ富士山ふじさん
ものみんなに くっきりとあきかげがついている
(九月くがつ十七日じゅうしちにち)