1. 歌詞検索UtaTen
  2. おがさわらあい
  3. 東京忘れ歌詞

「東京忘れ」の歌詞 おがさわらあい

2017/5/17 リリース
作詞
田村武也
作曲
田村武也
文字サイズ
よみがな
hidden
いつものバスをりてコンビニにって
いつもよりちいさいほうのシャンプーをいました
部屋へやあかりをつけて洗濯物せんたくものをしまい
ベッドにもたれかかったときやっぱりなみだがこぼれました

こんなふうじゃ駄目だめだなって本当ほんとうはずっとわかっていたけど

あなたとらした日々ひびにもしもかえれるならば
たとおなおわりがきたって何度なんどでもきになれる
あなたの笑顔えがおわらないでいたなら

はじめてりた部屋へや殺風景さっぷうけい部屋へや
ふたりでうみったときの写真しゃしんかざりました
窓辺まどべ植木鉢うえきばちみずをやるのはあなた
うたうたってかせるのはわたしの役目やくめでした

なんでもない毎日まいにちでもしあわせだっておもっていたけど

あの薄紫うすむらさきはなはまたきますか
ひとりきりじゃすこひろぎる部屋へやいろどってくように
季節きせつ全部ぜんぶわすれるように

たぶん東京とうきょうでのことはだれのせいでもなくてさ
おおきなゆめてたらちいさないしころにつまづいてさ
ふたりのみちふたりでえらんでそれでよかったんだなって
そんなふうおもえたころ窓辺まどべはないて
かぜれる薄紫うすむらさきなみだでぼやけてえた
あのころなみだすこちがなみだ
すこちがうこころで