1. 歌詞検索UtaTen
  2. すぎもとまさと
  3. 三分間の別れ歌詞

「三分間の別れ」の歌詞 すぎもとまさと

2008/6/4 リリース
作詞
吉田健美
作曲
杉本真人
文字サイズ
よみがな
hidden
そうだよぼくにとっては
おどろきだったのさ
見知みしらぬいえにダイヤル
まわしたのかとおもったぐらい
きみはどうして電話でんわこうで
なにわずにだまってるの
いつもとちが雰囲気ふんいきせて
さよならの一言ひとことはなすつもりなら
さん分間ふんかんながぎるよね

受話器じゅわきくとまもなく
すべてがわかって
ぼんやり窓辺まどべにもたれ
寝静ねしずまったまちつめてたよ
きみとおくへ段々だんだんとおくへ
はなれてってしまうよな
真夜中まよなかだからかなしみはつのる
わらいながら二人ふたりすごしたときなら
さん分間ふんかんたんかかったよ

きみはこれから気軽きがるぼく
はなしかけてはくれないさ
大切たいせつなことけはしない
暗闇くらやみ一人ひとりのこされたよな
さん分間ふんかんのはかないわか
さん分間ふんかんのはかないわか