1. 歌詞検索UtaTen
  2. すぎもとまさと
  3. 秋櫻の頃歌詞

「秋櫻の頃」の歌詞 すぎもとまさと

2011/11/9 リリース
作詞
高田ひろお
作曲
杉本眞人
文字サイズ
よみがな
hidden
いくつかの ぼん
いくつかの れい
あき日和ひよりだまりのなかを
ちち縁側えんがわ
いつも湯呑ゆのみを いていた

コスモスが いている
かぜがきて れている
そんな風情ふぜいほそめながら
一服いっぷくちゃすす
しずけさこのちちでした

苦労くろうを してきたような
ちちもとわらじわ
ぎたむかしなつかしむように
湯呑ゆのみをつつちち
おもいだします いまいまも…

こつこつと はたらいて
愚痴ぐちさえも こぼさずに
つまあいして どもをあいして
ささやかな 人生じんせい
ひたむきにきた ちちだけど

にとれば おもたくて
ふるびてる けている
茶渋ちゃしぶのついた 湯呑ゆの茶碗ちゃわん
ちちなにおも
なにかたって いたのでしょう

苦労くろうを してきたような
ちちもとわらじわ
れるコスモス いつくしむような
しずかなちちの まなざしを
おもいだします いまいまも…

苦労くろうを してきたような
ちちもとわらじわ
ぎたむかしなつかしむように
湯呑ゆのみをつつちち
おもいだします いまいまも…