1. 歌詞検索UtaTen
  2. ななみ
  3. 笑火歌詞

2016.7.6 リリース

「笑火」の歌詞 ななみ

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
あいしてるときみった
最後さいごまでもうそをついた
きらわせてはくれぬ卑怯ひきょうさに
かれたあのなつやんだ

その笑顔えがお夜空よぞらよりも
えていった花火はなびよりも
油断ゆだんしてたわたしこころ
おおきなおとをたてていた

にぎってもにぎかえされないのひら
永遠えいえんがないとかって
それでもだまってなつゆめてた

こいしくてはかなこい せつなくてこわれそうで
昨日きのうまではいついた背中せなか あのなつよりとおくなる

気付きづいていた」視線しせん意味いみ
かっていた」こうなること
ごまかしてた時間じかんまぶしくて
わたししたつづけた

むすんだはずのあかいと ければけてく
記憶きおく二人ふたり手繰たぐって
もう一度いちどむすんでも二度にどもどれない

いとしくてあわれなこい さびしくてくずれそうで
きらめいてるゆめのような日々ひびわたしだけをのこ

いたえみ れるひとみ けたおもなつまる

こいしくてはかなこい せつなくてこわれそうで
昨日きのうまではいついた背中せなか にじんでゆく..

いとしくてあわれなこい さびしくてくずれそうで
サヨナラとはなえみ わたしだけをのこ

きみがいたなつわる

えみび/ななみ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:笑火 歌手:ななみ

リンクコード:

ブログ用リンク:

ななみの特集