1. 親父歌詞

「親父」の歌詞 はなわ

2015/3/1 リリース
作詞
はなわ
作曲
はなわ
文字サイズ
よみがな
hidden
うちの親父おやじはとても無口むくちむかしかたぎのマジメなおとこ
毎日まいにちおな時間じかんきて 毎日まいにちあつ味噌汁みそしるすすって
仕事しごとばかりでつかれた親父おやじ後姿うしろすがたをずっとていた
ふくろう「ダメなひとだ」と だけど親父おやじあこがれていた

そんな親父おやじまれてはじめて二人ふたりきりでりへ出掛でかけた
二人乗ふたりのりのびた自転車じてんしゃむねおどらせてりへ出掛でかけた

かわへとつづなが砂利道じゃりみちおれ親父おやじ背中せなかにしがみついて
ゆっくりとただゆっくりと 無口むくち親父おやじにしがみついて
だれもいないかわのほとりで おれ親父おやじ自転車じてんしゃりて
二人ふたりならんで竿さおをたらした 親父おやじはいつものタバコをふかして

このときまでは あんな悪夢あくむこるなんてゆめにもおもわなかった

何時間なんじかんってもさかなれねぇ 親父おやじまわりは吸殻すいがらだらけさ
すると親父おやじきゅうがり あみ片手かたてにすそをめくりはじめた

一歩いっぽずつ一歩いっぽずつ なにわずにかわなかへとはいっていった

すると親父おやじ今度こんどきゅうまり なぜか一歩いっぽうごかなくなった
おれ親父おやじに「どーしたの?」そううと 親父おやじ一言ひとことあしけん」

みずかさがしていく どんどんしていく そろそろかたまでかりそうなんだ
かわながれがはげしさを親父おやじがちっちゃなこえで「やべっ!うわぁあ、やべっ」

ついに親父おやじながされはじめた 息子むすこまえながされはじめた
無口むくちなあの親父おやじがリアルなかおで 「たすけてー!たすけてー!」もろにいている
時速じそく60ろくじゅっキロでながされる親父おやじ ついに親父おやじえなくなった

親父おやじ 親父おやじ 親父おやじ 親父おやじ 親父おやじ 親父おやじー!

下流かりゅうくと体育たいいくずわりでガタガタシクシクふるえていた
親父おやじかたにはメガネがぶらさがり
はなから小魚こざかなびれがてた
そんな親父おやじびた自転車じてんしゃうしろにせていえかえった
親父おやじ一言ひとことかあちゃんにはうなよ」
おれ一言ひとこと「あたりめーだろ」そうった

うちの親父おやじはとても無口むくちむかしかたぎのマジメなおとこ