1. 歌詞検索UtaTen
  2. まふまふ
  3. あの夏が飽和する歌詞

2018.8.12 リリース

「あの夏が飽和する」の歌詞 まふまふ

作詞
カンザキイオリ
作曲
カンザキイオリ
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
昨日人きのうひところしたんだ」
きみはそうっていた。
梅雨時つゆどきずぶれのまんま、
部屋へやまえいていた。
なつはじまったばかりというのに、
きみはひどくふるえていた。
そんなはなしはじまる、あのなつ記憶きおくだ。


ころしたのはとなりせきの、いつもいじめてくるアイツ。
もういやになって、かたばして、
どころわるかったんだ。
もうここにはられないとおもうし、
どっかとおいとこでんでくるよ」
そんなきみぼくった。


「それじゃぼくれてって」


財布さいふって、ナイフをって、
携帯けいたいゲームもカバンにめて、
いらないものは全部壊ぜんぶこわしていこう。
あの写真しゃしんも、あの日記にっきも、
いまとなっちゃもういらないさ。
人殺ひとごろしとダメ人間にんげんきみぼくたびだ。


そしてぼくらはした。
このせませまいこの世界せかいから。
家族かぞくもクラスのやつらもなにもかも全部捨ぜんぶすててきみ二人ふたりで。
とおとおだれもいない場所ばしょ二人ふたりのうよ。
もうこの世界せかい価値かちなどないよ。
人殺ひとごろしなんてそこら中湧じゅうわいてるじゃんか。
きみなにわるくないよ。きみなにわるくないよ。


結局僕けっきょくぼくだれにもあいされたことなどなかったんだ。
そんないや共通点きょうつうてんぼくらは簡単かんたんしんじあってきた。
きみにぎったときかすかなふるえもすでくなっていて
だれにもしばられないで二人線路ふたりせんろうえあるいた。


かねぬすんで、二人ふたりげて、
どこにもけるがしたんだ。
今更怖いまさらこわいものはぼくらにはなかったんだ。
ひたいあせも、ちたメガネも
いまとなっちゃどうでもいいさ。
あぶれものちいさな逃避行とうひこうたびだ」


いつか夢見ゆめみやさしくて、だれにもかれる主人公しゅじんこうなら、
きたなくなったぼくたちも見捨みすてずにちゃんとすくってくれるのかな?
「そんなゆめならてたよ、だって現実げんじつろよ。
シアワセの四文字よんもじなんてなかった、
いままでの人生じんせいおもったじゃないか。
自分じぶんなにわるくねえとだれもがきっとおもってる」


あてもなく彷徨さまよせみれに、
みずくなり視界しかいに、
せまくるおにたちの怒号どごうに、
バカみたいにはしゃぎあい
ふときみはナイフをった。
きみいままでそばにいたからここまでこれたんだ。
だからもういいよ。もういいよ」

ぬのは私一人わたしひとりでいいよ」


そしてきみくびった。
まるでなんかの映画えいがのワンシーンだ。
白昼夢はくちゅうむているがした。
づけばぼくつかまって。
きみがどこにもつからなくって。
きみだけがどこにもいなくって。


そしてときぎていった。
ただあつあつぎてった。
家族かぞくもクラスのやつらもいるのに
なぜかきみだけはどこにもいない。

あのなつおもす。
ぼくいまいまでもうたってる。
きみをずっとさがしているんだ。
きみいたいことがあるんだ。


九月くがつわりにくしゃみして
六月ろくがつにおいをかえす。
きみ笑顔えがお
きみ無邪気むじゃきさは
あたまなか飽和ほうわしている。

だれなにわるくないよ。
きみなにわるくはないから
もういいよ。
してしまおう。

そうってしかったのだろう? なあ?

あのなつがほうわする/まふまふ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:あの夏が飽和する 歌手:まふまふ

リンクコード:

ブログ用リンク:

まふまふの特集