1. 歌詞検索UtaTen
  2. まふまふ
  3. 鏡花水月歌詞

「鏡花水月」の歌詞 まふまふ

2012/7/23 リリース
作詞
まふまふ
作曲
まふまふ
文字サイズ
よみがな
hidden
「はぐれないように」
とつぶやいて
ぼくすそをつかんだ

しずけさがずっと
つづいたような
あの夏空なつぞらした

五月闇さつきやみけて
ひとみ映写機えいしゃきなか

はしきみいとしさ
もう もどれない

ときよるれて
きみていたそら
くらげる

空葬からとむら明日あしたさき
ねえ まだきみはいますか

だれかに
よそして
きみおこらせたこと

そんなしあわせとわせ
あの神社じんじゃそば

すれちがって 空蝉うつせみ
きっと辿たどれば横恋慕よこれんぼ

気付きづかない
フリしたくせに」
ってさ きみう?

きるまでていた
きみていた
そら何処どこまでつづくの?

つづかないのは花火はなび
そう 二人ふたりこい

いまさわれないものや
わすれたものを

ひとつ ふたつ
かぞえていく

みずうつつきいろとか
あのほそ指先ゆびさきとか
ゆめのまにまに

また何度なんども また何度なんどでも
あの花火はなびくんだ

ぼくはまだ きみきだよ
ねえ

夢花火ゆめはなび とも赤白黄色あかしろきいろ
ぼくとあのあいだ

ふさいできたそのすべ
いま おもさせて

宵時よいときよるれて
きみていたそら
くらげる

ちいさくなったおとさき
ねえ まだきみはいますか
ねえ