1. 歌詞検索UtaTen
  2. コブクロ
  3. 夏の雫歌詞

2018.11.7 リリース

「夏の雫」の歌詞 コブクロ

作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎
iTunesで購入
曲名
夏の雫
アルバム
風をみつめて - EP
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
軒先のきさきるしたまま あきふゆえた
風鈴ふうりん短冊たんざくはるかぜまわ
ふたならんだちいさいほうきみえらんだおと
背伸せのびして まるくさせながら いてらしてた

あの横顔よこがお とお五月さつきぐもになって
ながれてる ほどけながら 背伸せのびしてる

どんなに綺麗きれいかぜらしても
きみかせてくれた 音色ねいろにはならない
おもれるすずむねおく むすんだまま
今年ことしもまた なつたよ

まつ囃子ばやしも かきごおり紫陽花あじさいうみ
アルバムのなか あのなつのままのきみわらってる

しがってたスニーカー とどいたころにはもう
きみもの 何一なにひとのこってなかったけど

もうすこしだけ 一緒いっしょあるいてたかった
かなわぬおもいを はこもどしても おくかえ場所ばしょはない
夜風よかぜれるすずまどそと かたうたってる
すずしかった なつわる

雨粒あまつぶれた風鈴ふうりん短冊たんざく裏側うらがわ
はじめてつけた きみ大切たいせつねがごと
ぼくゆめを そんなふうにおもってくれていたんだね
だから頑張がんばれたんだ なにかった あのころ

こんなにやさしいかぜらすから
きみかせてくれた 音色ねいろおも
いつまでもいていたい いつかははずせるかな
おもれるすずむねおく むすんだまま
今年ことしは どんななつるかな

いたいよ いたいよ

なつのしずく/こぶくろ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:夏の雫 歌手:コブクロ

リンクコード:

ブログ用リンク:

コブクロの特集

コブクロの特集を全て見る