1. 歌詞検索UtaTen
  2. サイダーガール
  3. エバーグリーン歌詞

「エバーグリーン」の歌詞 サイダーガール

2017/7/26 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
初恋はつこい三遊間抜さんゆうかんぬけてぼく一塁踏いちるいふんだ
八月はちがつあおかぜってはしりたかった
「なんでもないよ」とわら横顔よこがお
きるまでこのままていたかった

感情かんじょう成層圏超せいそうけんこえて宇宙うちゅうてへった
ペットボトルロケットも宇宙うちゅうびたかった
ゆめからめたらわすれないように いまぼく

こうしてきみ何度なんどいかけてしまうから
青春最前線全力疾走せいしゅんさいぜんせんぜんりょくしっそう あおせん
ずっと何度なんどおうとしていたこと
全身全霊ぜんしんぜんれいかけてつたえないとな

土埃つちぼこりまええなくてまってしまうくらいなら
すべてをなつのせいにしてころんでしまったっていいや


初恋はつこい望遠鏡ぼうえんきょう いつかぼくらはほしになって
八月はちがつのダイヤモンドを見下みおろしてみたかった
ゆめからめてもきみきなひと
ぼくじゃないこともかっていたのに
いつだってぼくらは平行線へいこうせん
きみ何度なんどいかけてしまうから
青春第一条反則判定せいしゅんだいいちじょうはんそくはんてい くつがえしてみたい
ずっと何度なんどおうとしていたこと
炎天下えんてんかけてからなくなっていた いまでも

後悔こうかいはたらすまえむねおどるような想像そうぞう

九回裏きゅうかいうら きみっている
起死回生きしかいせい ねら大逆転だいぎゃくてん

きみ何度なんどおもしてしまうから
青春最終回凡退寸前せいしゅんさいしゅうかいぼんたいすんぜん きみいに
ずっと何度なんどおうとしていたこと
全身全霊ぜんしんぜんれいかけてつたえないとな

この世界せかいえるはずだった 覚悟かくご出来できていた
すべてをなついていった だから三振さんしんだったっていいや

きみ何度なんど