1. 歌詞検索UtaTen
  2. ソン・シギョン
  3. さよなら僕の愛歌詞

「さよなら僕の愛」の歌詞 ソン・シギョン

2015/11/25 リリース
作詞
Yoo Hee Yeol
作曲
Yoo Hee Yeol
文字サイズ
よみがな
hidden
ヨルム ネムセ ボルソ イ コリエ ナル ピウッドゥッ シガヌン フルネ
여름 냄새 벌써 이 거리에 날 비웃듯 시간은 흐르네
ヌンブシ ネッサル オルグルル ガリミョン バルガッケ ソンクトゥン ムルドゥロガ
눈부신 햇살 얼굴을 가리면 빨갛게 손끝은 물들어가

モルレ トングラミ クリョナットン タルリョギィ スッチャ オヌドッ ネイル
몰래 동그라미 그려놨던 달력 위 숫자 어느덧 내일
チェイル マメ トゥヌン オッ ピョルチョノッコソ ノン オットン ピョジョンイルカ ナ センガケ
제일 맘에 드는 옷 펼쳐놓고서 넌 어떤 표정일까 나 생각해

ヘマルグン アイ ガットゥン クデエ ヌンドンジャ ク ミソガ チャック
해맑은 아이 같은 그대의 눈동자 그 미소가 자꾸
バルピョソ ヌネ ソネ ハンスンマン ウスンマン
밟혀서 눈에 선해 한숨만 웃음만

クデ ヒムギョウン ハルエ クッ イジェン ヌガ チキルカ ヌガ ウィロハルカ
그대 힘겨운 하루의 끝 이젠 누가 지킬까 누가 위로할까

ネ トッ クッカジ スミ チャオルラ ネ モリ ウィロ パラミ ブロ オンダ
내 턱 끝까지 숨이 차올라 내 머리 위로 바람이 불어온다
オン ヒムル ダヘ ナヌン タルリョガンダ イゲ マジマッ ソンムリ デルジド モルラ
온 힘을 다해 나는 달려간다 이게 마지막 선물이 될지도 몰라
ヌンムリ フロ アニ ネ オルグル カドゥキ フルヌン タムバンウル
눈물이 흘러 아니 내 얼굴 가득히 흐르는 땀방울
ヌル クレッドゥッシ アムロッチ アンケ ウスミョ アンニョン ナエ サラン クデ ミアネ
늘 그랬듯이 아무렇지 않게 웃으며 안녕 나의 사랑 그대 미안해

ハルエド ミョッボンシク ナノッドン チャルチャッソ ボゴシッタヌ ニンサ
하루에도 몇 번씩 나눴던 잘잤어 보고싶다는 인사
クリウル テミョン コネボル ス イッケ ハナハナ ネ マウメ タムゴネ
그리울 때면 꺼내볼 수 있게 하나하나 내 마음에 담곤해

ヘマルグン アイ ガットゥン クデエ ヌンドンジャ ク ミソガ チャック
해맑은 아이 같은 그대의 눈동자 그 미소가 자꾸
バルピョソ ヌネ ソネ ハンスンマ ヌスンマン
밟혀서 눈에 선해 한숨만 웃음만

クデ ヒムギョウン ハルエ クッ イジェン ヌガ チキルカ ヌガ ウィロハルカ
그대 힘겨운 하루의 끝 이젠 누가 지킬까 누가 위로할까

ネ トッ クッカジ スミ チャオルラ ネ モリ ウィロ パラミ ブロ オンダ
내 턱 끝까지 숨이 차올라 내 머리 위로 바람이 불어온다
オン ヒムル ダヘ ナヌン タルリョガンダ イゲ マジマッ ソンムリ デルジド モルラ (モルラ)
온 힘을 다해 나는 달려간다 이게 마지막 선물이 될지도 몰라 (몰라)

オトッケ オトッケ クデ オンヌン ネイ ラチムン ナン コビ ナヨ
어떻게 어떻게 그대 없는 내일 아침은 난 겁이 나요
スマヌン パムドゥル キョンディル ス イッスルカ ウスミョ アンニョン
수많은 밤들 견딜 수 있을까 웃으며 안녕

キル コンノ モルリ ニガ ボインダ チルヘッナバ パルクンマン バラボネ
길 건너 멀리 네가 보인다 지루했나봐 발끝만 바라보네
オン ヒムル ダヘ ナヌン タルリョガンダ イジェ マジマッ インサガ デルジド モルラ
온 힘을 다해 나는 달려간다 이제 마지막 인사가 될지도 몰라
ヌンムリ フロ アニ ネ オルグル カドゥキ フルヌン タムバンウル
눈물이 흘러 아니 내 얼굴 가득히 흐르는 땀방울
ナ オプスルテ アプミョン アンデヨ パボチョロン チャック (ウルミョン アンデヨ)
나 없을 때 아프면 안돼요 바보처럼 자꾸 (울면 안돼요)
ケンチャヌルコヤ チャルジネヨ クデ (ナエ サラン クデ)アンニョン
괜찮을거야 잘 지내요 그대 (나의 사랑 그대) 안녕

日本語訳にほんごやく
なつにおい もうこのまちぼくをあざわらうかのように時間じかんながれるんだ

まぶしい陽射ひざかおおおえば あか指先ゆびさきまっていく

こっそりまるをつけておいた カレンダーのうえ数字すうじはいつのまにか
明日あした
一番いちばんりのふくひろげて きみはどんな表情ひょうじょうかなとぼくかんがえる

とおった子供こどもみたいな きみひとみ その微笑ほほえみが しきりに
かびく ためいきだけ わらうばかり

きみ大変たいへん一日いちにちわり これからだれまもるのか だれなぐさめるの


ぼくいきがあがり ぼくうえかぜいてきた
全力ぜんりょくくしてぼくけつけるんだ これが最後さいごおくものになるか
もしれない
なみだながれる いやぼくかおいっぱいにながれるあせのしずく
いつもそうだったように なんともないように わらいながら さよなら ぼく
あい きみよ ごめんね

一日いちにち何度なんどわした 「よくた?」「いたいよ」という挨拶あいさつ
こいしいときしてみれるように ひとつひとつぼくこころにしまって

かよった子供こどもみたいなきみひとみ その微笑ほほえみが しきりに
かびく ためいきだけ わらうばかり

きみ大変たいへん一日いちにちわり これからだれまもるのか だれなぐさめるの


ぼくいきがあがり ぼくうえかぜいてきた
全力ぜんりょくくしてぼくけつけるんだ これが最後さいごおくものになるか
もしれない

どうしたら どうしたら きみがいない 明日あしたあさぼくけるよ
無数むすうえられるだろうか わらいながら さよなら
みちわたったとおくにきみえる 退屈たいくつだったみたい 爪先つまさきばかりなが
てるね
全力ぜんりょくくしてぼくけつけるんだ 最後さいご挨拶あいさつになるかもしれな

なみだながれる いやぼくかおいっぱいにながれるあせのしずく
ぼくがいないとき くるしがったらだめだよ バカみたいに しきりに(
たらだめだよ)
大丈夫だいじょうぶだよ 元気げんきでね きみよ (ぼくあい きみよ) さよなら