1. 歌詞検索UtaTen
  2. ビアンコネロ
  3. 蹉跌フィクション歌詞

2006.7.19 リリース

「蹉跌フィクション」の歌詞 ビアンコネロ

作詞
古賀たかし,稲田裕之
作曲
古賀たかし
iTunesで購入
曲名
蹉跌フィクション
アルバム
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
ゆっくりとながれていたはずの時間じかん
いつのにやら表情ひょうじょうえて
何度なんどでも見送みおくってきたはずの奇跡きせき
もう二度にどれないがした

ちいさなころなら自在じざいあやつ
あらゆるそらていた
うるんだひとみ見上みあげたくも
たまにならせてくれた

あそぶこともわすれて
まぶしい君達きみたちていた
ぼくさき何処どこ

ゆっくりとながれていたはずの時間じかん
いつのにやら表情ひょうじょうえて
何度なんどでもこるとしんじていた奇跡きせき
もう二度にどえないがした

うしろめたい気持きもちで
あつめていたしあわせを
ひたすらにそそいだささやかなゆめ
後戻あともどりできぬ恐怖きょうふつつんでいた

ゆっくりとながれていたはずの時間じかん
心配しんぱいそうにぼくていた
いまやらなきゃこのさきにもみちいんだ・・・
いんだ

さてつふぃくしょん/びあんこねろ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:蹉跌フィクション 歌手:ビアンコネロ

リンクコード:

ブログ用リンク: