1. 歌詞検索UtaTen
  2. ミドリカワ書房
  3. 君は僕のものだった歌詞

2011.7.13 リリース

「君は僕のものだった」の歌詞 ミドリカワ書房

作詞
緑川伸一
作曲
小倉しんこう
iTunesで購入
曲名
君は僕のものだった
アルバム
愛にのぼせろ
金額
¥200
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
かみみじかったばかりの きみわら
てんぷらそばをすすりながら 眼鏡めがねくもってしろ
つよ日差ひざしのした水着みずぎきみわら
子供こどものようなからだつきが うみはしって
いくつものきみめた このビデオカメラ
ぬまでぼくきみつづけるつもりだったのに
くら部屋へや ひざかかえて テレビのなかきみてる
梅酒うめしゅのグラス きみかんビールでぼく乾杯かんぱいする

頭公園がしらこうえん いけほとり きみわら
ボートにはらなかったのに なんでだよ神様かみさま
いくつものきみめた つもりでいたけど
本物ほんものきみぼくててえてしまったんだなあ
くら部屋へや ひざかかえて テレビのなかきみてる
結婚式けっこんしき真似事まねごとをした このシーンでぼく毎回泣まいかいな

いくつものきみめた このビデオカメラ
ぬまでぼくきみつづけるつもりだったのに
くら部屋へや ひざかかえて テレビのなかきみてる
はだかきみずかしそうに ぼく見上みあげて したした
きみれてる さぶられてる ぼく今夜こんやもズボンろす
きみさけんだ ぼく名前なまえたしかにきみぼくのものだったんだ

きみはぼくのものだった/みどりかわしょぼう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:君は僕のものだった 歌手:ミドリカワ書房

リンクコード:

ブログ用リンク: