1. 歌詞検索UtaTen
  2. ヤなことそっとミュート
  3. orange歌詞

「orange」の歌詞 ヤなことそっとミュート

2017/4/5 リリース
作詞
畠山凌雅
作曲
Yohei Shibata
文字サイズ
よみがな
hidden
だんだんうつろっていく 季節きせつにおいを回路かいろ
管制塔かんせいとうあわれみあかりともって あかにじんだ
見慣みなれた街並まちなみを またけて
カバンにつめこんだ いつかおもすように
旅立たびだちのあさ そらあおくて

とおくなっていく なんでもないような景色けしき
なぜかむねくるしくて
だれかといつか たことあるな
きみおも最初さいしょ

こわれた常夜灯じょうやとう あお貯水ちょすいとう
(ひとつ、またひとつ、おもす)
おもてんせんむすんで

だんだんになっていく いろにおいもかんじれる
リストにきこんだ ずっとわすれないように
チケットにぎった なにりないがして
だれかのこえ こえたがした
ひとごみのなかじっとさがして

「ちょっとって」
ろうとする景色けしき おもわずこえがこぼれて
だれかってってるんだ
きみおも最初さいしょ
いろわっていくそら
きゅっとむねくるしくて
きっとなんかのサインなんだ
きみおも最初さいしょ

おもちがいだってわらってごまかした
本当ほんとうはずっとかっていたのに
ねえ こんな気持きもらなきゃよかった
たかそらのオレンジにかして

とおくなっていく 二人ふたりおも景色けしき
すこなみだがこぼれて
本当ほんとうはずっとおもっていたんだ
いまおぼえてるよ あの
管制塔かんせいとう夕焼ゆうやけを 2つにって綺麗きれいだった
あの半分はんぶんむねにしまって
きみおも最後さいご