1. 歌詞検索UtaTen
  2. ヤバイTシャツ屋さん
  3. サークルバンドに光を歌詞

2018.1.10 リリース

「サークルバンドに光を」の歌詞 ヤバイTシャツ屋さん

作詞
こやまたくや
作曲
こやまたくや
iTunesで購入
曲名
サークルバンドに光を
アルバム
Galaxy of the Tank-top
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
なあ、はなしにならない はなしをしようや ずかしげなく
もっと格好かっこつけられたり出来できたら ええのになあ
ずっとあのころのままの気持きもちがけんでいるんや

身内みうちすらがっていない
ガラガラの客席きゃくせき つめたい視線しせん
レスポンスのないむなしい時間じかん
共演者きょうえんしゃには馬鹿ばかにされていた
なにだれただしいとか からへんけど
くやしいおもいはわすれへんようにしような

サークルバンドにひかりを サークルバンドにひかり
はなわらわれて 見向みむきもされんな
サークルバンドにひかりらしておくれよ
もうやめられへんところまでてしまいました

いつだって自分じぶんのペースで やりたいことだけやりたいって
わがままなことをったって だめやってわかってるけど
やっぱりまだやめられない きなように きなだけ うたうだけ
むずかしいことからんし からんままのがおもろいし
たのしいことばっかりやのに 平凡へいぼんなやんでる
それでいい いまはそれでいい いつまでもネクストブレイクで

だれでも使つかえる言葉ことば使つかってだれにもうたえんうたうた
ノリといきおいだけ そんなことないと かるひとかってるはず
自分じぶん自分じぶん肯定こうていしてやっとたもっている
不安ふあんになってもええけど最後さいごわらっていようや

サークルバンドにひかりを サークルバンドにひかり
からかわれわらわれ 見向みむきもされんな
サークルバンドにひかりらしておくれよ
もうやめようともおもわんところまでました

いつだって自分じぶんのことだけ 本当ほんとうのことをきょくにのせて
わがままなことをったって 駄目だめやってわかってるけど
やっぱりまだやめられない きなように きなだけ うたうだけ
むずかしいことからんし からんままのがおもろいし
たのしいことばっかりやのに 平凡へいぼんなやんでる
それでいい いまはそれでいい いつまでもネクストブレイクで

階段かいだんばしてるわけじゃない 最短さいたんのルートでぱし
ステージじょうでは大学生だいがくせいのテンションで けるところまで
わすれたらあかん気持きもちをわすれずに 大事だいじにしまって けるとこまで

はなしにならない はなしをしようや ずかしげなく
格好かっこつけず 自分じぶんららしく こうや サークルバンドにひかり

さーくるばんどにひかりを/やばいてぃーしゃつやさん

ヤバイTシャツ屋さんの特集