1. コップの中の木漏れ日歌詞

「コップの中の木漏れ日」の歌詞 ラブ・クレッシェンド

2015/11/25 リリース
作詞
秋元康
作曲
外山大輔
文字サイズ
よみがな
hidden
かぜ木々きぎれた一瞬いっしゅんかげ
そばにいてしいときみおもった
もしも この世界せかい日向ひなただけなら
さびしいことなんてきっとないだろう

こいする日々ひび自分じぶん自分じぶんじゃない
いきするだけでせつなくなって

木漏こも
このぼくまよいなんからしておくれ
くもひとつないような青空あおぞらになりたい
なにさえぎらずにきみひとみ つめながら
ただきだと一言ひとことだけ 言葉ことばにできたらいい

ぼくきみなにっているのだろう?
とおくからながめるいとしさのもり
きみはなしかけていたって
微笑ほほえみはこころ一部いちぶでしかない

こいをするたび ひかりもとめる
あるしたらまよってしまうのに…

片想かたおも
ささやかなこのねがいをかなえておくれ
えだ隙間すきまえる大空おおぞらりたい
ぼくにできることはずっとここから見守みまもること
いま きだとえなくても夕陽ゆうひてたらいい

コップのなかそとからながめても
想像そうぞうするだけじゃ中身なかみはわからないよ

木漏こも
このぼくまよいなんからしておくれ
くもひとつないような青空あおぞらになりたい
なにさえぎらずにきみひとみ つめながら
ただきだと一言ひとことだけ 言葉ことばにできたらいい

そのおくかげひとつらさない
太陽たいようのやさしさとつよさがしいんだ
そこに存在そんざいする木々きぎ憂鬱ゆううつつつんで
大好だいすきだとこえして自分じぶんえたらいい