1. 月姫と右京太夫の恋煩い歌詞

「月姫と右京太夫の恋煩い」の歌詞 一世風靡セピア

2010/2/3 リリース
作詞
道乃上夢麿
作曲
後藤次利
文字サイズ
よみがな
hidden
月影つきかげ おぼろ 草木くさきしずまり
しのかげふたながれてく
なみだがきらりん 闇夜やみよなかうか
あれこそいとおしや ねや月姫つきひめ
軒端のきばちかづく 右京うきょう太夫だゆう
かげおって いつしかひとつに

ひとかぎりのごと たの
見守みまもっているは月夜つきよほしまたた
ひとかぎりのたわむうれ
まるでこのは ああ 二人ふたりためにあるように――

やがて白々しらじらあさけて
しのかげふた別離わかれてく
さまのぞ二人ふたりふたた
日中ひなかくらわしたが、あらま感違かんちが
太夫だゆうひめひめ太夫だゆう
たが正面まともに もう一度いちどやる

こんな相手あいてひとゆめをみるぞ
けむ けり けれ けるの変格へんかく活用かつようなり。
ああ それをおもうだけでつらくなる。
こんな相手あいてかたらうなんぞ
まるでこのは……地獄じごく絵巻えまき――

そないなことかえすうち
やっぱり闇夜やみよひとりじゃあれこれさびしい
そないなことかえすうち
やっぱりおさま二人ふたりゆめからました――

ねや月姫つきひめ のき太夫だゆう
いとしく果無はかない ああ恋煩こいわずら

ってははなはなれて って~
それのかえ
それのかえし!