1. 歌詞検索UtaTen
  2. 一色徳保
  3. 感情的な彼女だった歌詞

「感情的な彼女だった」の歌詞 一色徳保

2015/10/7 リリース
作詞
一色徳保
作曲
一色徳保
文字サイズ
よみがな
hidden
おもうようにいかないもんで
現実げんじつなんてそんなもんで
つらいよねくるしいよねって
わらいながら口笛くちぶえいた

ぼくいまもそんなふう
毎日まいにちごしているよ
きみはどうだい?あののように
わらったりいたりしているかい?

感情的かんじょうてき彼女かのじょだった
何故なぜだかきになった
毎日まいにちたのしかった
あっというぎていったんだ

意地いじりな二人ふたりだった
あやまこと出来できなくて
いつでもきみくちとがらせるだけ
あきれることばかりだった
時々ときどきいやになったけど
それでもきみことはずっときだったな

さよならぼくあお季節きせつきだったよ
わすれることはないけどもうるよ

矛盾むじゅんだらけのこいだった
理由りゆうなんていらないと
わらってきみはいつもぼくこまらせた
夕陽ゆうひまるこいがしたい」
きみがこぼした言葉ことば
ぼくにはからないことばかりだったよ

感情的かんじょうてき彼女かのじょだった
何故なぜだかきになった
毎日まいにちたのしかった
あっというぎていったんだ