1. 歌詞検索UtaTen
  2. 七尾百合子(伊藤美来)
  3. 空想文学少女歌詞

「空想文学少女」の歌詞 七尾百合子(伊藤美来)

2014/7/30 リリース
作詞
藤本記子
作曲
福富雅之
文字サイズ
よみがな
hidden
やわらかな ひかりなか
ほこりのパレードけて
きしめたほんにお
せつなくなるほど
このおもきみへと

背伸せのびしてもとどかない背表紙せびょうし
きみがそっとくれたやさしさ

されたタイトルがしめしてた
この出会であいは『こいのはじまり』

あの きみにうまくえなかった
「ありがとう」
昼下ひるさがりのエピソード
いまおぼえてますか?

なみだ意味わけりたい
ページめくって「こい」だって
づいたこの気持きもきみのことりたい
名前なまえんで きだって えるとおくて
かいわせ いつのかきっと...
なんて恋愛れんあい小説ラブストーリー
今日きょうもフィクションのままで

深呼吸しんこきゅうひらいた裏表紙うらびょうし
ほんのすこきみちかづく瞬間しゅんかん
薄汚うすよごれたカードにしるされた
右上みぎあがりの5つの文字もじ

突然とつぜんはなしかけたら
きっときみこまるかな
頬杖ほおづえついてモノローグ
そんな勇気ゆうきないのに...ああ

きみはまたいつものせき
夢中むちゅうすべらせる指先ゆびさき
やわらかなひかりなか
すこびをするきみ目線めせんさき
ったらいいな

こい展開ゆくえりたい
ページめくって つぎだって
期待きたいしてるこのこころ
きみのことりたい
名前なまえんで きだって
えるとおくて
かいわせ いつのかきっと...
なんて空想くうそう文学ぶんがく小説ゆめみたいな
きみとの恋愛れんあい小説ラブストーリー
今日きょうもフィクションのままで