1. 歌詞検索UtaTen
  2. 三森すずこ
  3. 海と空のヒミツ歌詞

「海と空のヒミツ」の歌詞 三森すずこ

2018/6/27 リリース
作詞
きみコ
作曲
佐々木淳
文字サイズ
よみがな
hidden
すくげたのは宝石ほうせきみたいなあお なのにどうして
すくげた途端とたん透明とうめいになるの それさえもすぐにこぼれる

からになったのひらにのこしずくらせば
ぼんやりと色付いろづ見上みあげればあお

あこがれたものはいつもすこしカタチをえてわたしとど
たよりないこのでもまもれるくらいに あふれてしまわないように
うみそらめたのひら すこしずつかすよ

ちいさなころから不思議ふしぎあつめた ねえ?なんで?どうして?
らないことからげたくはないの 理想りそうゆめこわれても

りすぎて傷付きずついてうみふかくにもぐれば
静寂せいじゃくつつまれる 見渡みわたせばあお

あこがれたものはいつもどこか残酷ざんこくだけどわたしひそ
いきがもうくるしくて水面みなもからしたかおらすひかり
いつもよりもきらめく世界せかい それがたくてふかくへまたもぐ

うみそら

あこがれたものはいつもすこしカタチをえてわたしとど
このうみふかくからそら彼方かなたから ヒミツをけるように
うみそらりばめた世界せかいのひらからせば わたしもそうあおまるよ