1. 歌詞検索UtaTen
  2. 三波春夫
  3. あゝ松の廊下歌詞

2001.1.1 リリース

「あゝ松の廊下」の歌詞 三波春夫

iTunesで購入
曲名
あゝ松の廊下
アルバム
~歌芸の軌跡~三波春夫全曲集
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
吉良殿きらどの 吉良殿きらどの
勅使ちょくしたいたてまつ
この浅野長矩あさのながのりがお出迎でむかえする場所ばしょ
玄関式台下げんかんしきだいしたにござりましょうか、
それともうえにござりましょうか、
今一度いまいちど おおしくだされましょう」

何度言なんどいうたらわかるのじゃ
さてさてあたまわる田舎大名いなかだいみょう

それでも饗応役きょうおうやく
ぬしよう人間にんげん鮒侍ふなさむらいもうすのじゃ
ウフフフ
えっ!
そこを退しりぞかっしゃれ!」

あまりとえば
おのれれ!上野覚悟うえのかくご!!」

武士ぶし
かたな一度いちどとき
ぬもきるもいのちがけ
千代田ちよだしろ奥深おくぶか
ああ まつ廊下ろうか
はなうらみのかぜ

(セリフ)
はなしてくだされ梶川殿かじかわどの
五万三千石ごまんさんぜんこく
いえをもをもかえりみ
上野介こうずけのすけつは、
将軍家しょうぐんけ御威光ごいこう
役職やくしょくかさ
私利私欲しりしよくはし人非人にんぴにんためじゃ
そのはなしてくだされ梶川殿かじかわどの!」

武士ぶしなさけを
貴殿きでんるならば
めてれるな
はな
おとこいかり ゆるとき
ああ まつ廊下ろうか
ゆかながしたなみだ
武士ぶしきびしき運命うんめいうらめしや
明日あしたいのちはすでになく
無念むねんのこ千代田城ちよだじょう
ああ まつ廊下ろうか
忠臣蔵ちゅうしんぐらまく

(セリフ)
役儀やくぎって言葉ことばあらためる
拙者せっしゃ 御目付当番おめつけとうばん
多門伝八郎たもんでんぱちろう
さて朝散ちょうさん太夫たいふ
浅野内匠長矩其方儀あさのたくみのかみながのりそのほうのぎ
御大法おだいほうをもわきまえず今日きょう

まつ廊下ろうかいて
あらそいにおよばれたるは
如何いかなる
御所存ごしょぞんあってのことか」

おそりました」
かみたいたてまつりては
いささかのおうらみもござりませぬが
わたしうらみって前後ぜんごわす
刀傷とうしょうおよびました」

其方そのほう 上野介こうずけのすけたすこころであったか?
またわたしごとのうらみとは?」

「も早此はやこいは
何事なにごとも、何事なにごと
ただ無念むねんなは上野介こうずけのすけそんじたること
この未熟みじゅく
ずかしくぞんじまする
このうえ御定法通おじょうほうつう
御仕置賜おしおきたまわるよう、
ねがもうげまする」

両手りょうてをついた長矩ながのり
かおしろさがいたましや
さすがにかれ武士ぶし
覚悟かくごほどいさぎよ
噫噫いおくび
外様大名とざまだいみょうかなしさか
天下てんかほうりかざし
将軍綱吉直しょうぐんつなよしじきじきに
きびしくくだ裁断さいだん
家名断絶かめいだんぜつ 切腹せっぷく
今朝けさ
かわ
網乗物あみのりものにて
芝愛宕下しばあたごした田村邸たむらてい
くにけない
家臣かしん一人ひとり
片岡源五かたおかげんごことそと
おそばちかくにつかえたが
せめてはひと
御主君ごしゅくん最後さいごのお姿見届すがたみとどけん
またふたつには御遺言ごゆいごん
きせねばと田村邸たむらてい
検死役けんしやくなる伝八郎でんはちろう
ねがでたるそのとき
わしてやるぞ片岡かたおか
ほうらせば このわし
あとでおとがめけよが
わし知行ちぎょう七百石ななひゃくこくなどしくはないぞ
武士ぶしこころ
武士ぶしこころ
武士ぶし

あゝまつのろうか/みなみはるお

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:あゝ松の廊下 歌手:三波春夫

リンクコード:

ブログ用リンク: