1. 歌詞検索UtaTen
  2. 三波春夫
  3. 俵星玄蕃歌詞

1987.11.21 リリース

「俵星玄蕃」の歌詞 三波春夫

iTunesで購入
曲名
元禄名槍譜 俵星玄蕃
アルバム
~歌芸の軌跡~三波春夫全曲集
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
やりびても びぬ
おとこ玄蕃げんば心意気こころいき
赤穂あこう浪士ろうしの かげとなり
つくまことやり一筋ひとすじ
かおほまれの 元禄げんろくざくら

姿すがたそばに やつしてまでも
しの杉野すぎのよ せつなかろ
今宵こよい名残なごりておけよ
たわらくずし極意ごくいひと
これがはなむおとここころ

なみだをためてかえ
そば姿すがたびとめて

せめて名前なまえかせろよと
くちまでたがそうじゃない
わぬがはな人生じんせい
うてわかれる運命さだめとか
おもなおしてたわらぼし
ひとりしみじみみながら
ときごした真夜中まよなか
こころ隅田すみだ川風かわかぜ
ながれてひびくいさましさ
一打ひとうさんなが
あれはたしかにたしかにあれは
山鹿やまが流儀りゅうぎ陣太鼓じんだいこ

とき元禄げんろくじゅう五年ごねん十二月じゅうにがつ十四日じゅうよっか
江戸えど夜風よかぜをふるわせて
ひびくは山鹿やまが流儀りゅうぎ陣太鼓じんだいこ
しかも一打ひとうさんながれ、おもわずハッとがり、
みみませて太鼓たいこかぞえ「おう、ただしく赤穂あこう浪士ろうしりじゃ」
助太刀すけだちするはときぞ、もしやそのなかにひるまわかれたあのそば
りあわせぬか、名前なまえはなんと今一度いまひとたび

うてわかれがげたいものと、けいこ襦袢じゅばんかためて、だん小倉こぐらはかま股立ももだたかげし、
しろあやたたんでうし鉢巻はちまきのつるごとく、なげしにかかるは先祖伝来せんぞでんらいたわら弾正だんじょうきたえたるしゃく手槍てやりみぎに、

切戸きりどけて一足ひとあしおもてせば、
てん幽暗ゆうあんがいがいたる白雪しらゆき蹴立けたてて
行手ゆくて松阪まつざかちょう…」

吉良きら屋敷やしきてみれば、いまりは真最中まっさいちゅう
総大将そうだいしょう内蔵之助くらのすけ
つけてたわらぼしが、天下てんか無双むそうのこのやりで、
助太刀すけだちをばいたそうぞ、

われたとき大石おおいしふか御恩ごおんはこのとおり、あつ御礼おれいもうします。
されども此処ここのままに、
やりおさめて引上ひきあくださるならばがたし、

かかるりしも一人ひとり浪士ろうしゆきをけたてて
サク、サク、サク、サク、サク、サクー、

先生せんせい』『おうッ、そばか』

いや、いや、いや、いや、えりかれた名前なまえこそ、
まことは杉野すぎのじゅうへいつぎ殿どの、わしがおしえたあの極意ごくい
いのちしむなおこそしめ、立派りっぱはたらいのりますぞよ、
さらばさらばと右左みぎひだり赤穂あこう浪士ろうし邪魔じゃまするやつ何人なんびとたりとも
とおさんぞ、はしのたもとで石突いしづいて、やり玄蕃げんば仁王立におうだち…」

てやひびけや 山鹿やまが太鼓たいこ
つき夜空よぞらわた
ゆめきつつ 両国りょうごく
はしのたもとで ゆきふみしめた
やり玄蕃げんばなみだひか

たわらほしげんば/みなみはるお

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:俵星玄蕃 歌手:三波春夫

リンクコード:

ブログ用リンク: