1. 歌詞検索UtaTen
  2. 上村ひなの(日向坂46)
  3. 一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない歌詞

2019.10.2 リリース

「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」の歌詞 上村ひなの(日向坂46)

作詞
秋元康
作曲
辻村有記,伊藤賢
iTunesで購入
曲名
一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない
アルバム
こんなに好きになっちゃっていいの?(Special Edition) - EP
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
一番好いちばんすきだとみんなにっていた
小説しょうせつのタイトルを
全然ぜんぜん おもせないのは
ホントはそんなきじゃないんだ

きじゃないんだ

ぼくがなりたいぼくいかけても
うでをするりとすりけて
どこからない場所ばしょえてく

理想りそうなんて
非現実的ひげんじつてき
夢物語ゆめものがたりじゃないか
ただの口当くちあたりのいい
あきらめさせないための人参にんじんだろ?
遺伝子組いでんしくえされた
そんな欲望よくぼう出口でぐち
忘却ぼうきゃくしかないんだ

らぬあいだ
あきらめることだけが
上手じょうずになってがする
大人おとなになるっていうのは
そういうことだってわかった
おぼえなくていいことばかり
あたままんタンなんだ

一番好いちばんすきだと自分じぶんおもってた
小説しょうせつのタイトルが
なかなか なかったのは
たぶん そんなきじゃないだけ

人間ひとはなりたい自分じぶんになれないから
おもなやんで苛立いらだって
妥協だきょうしながら見栄みえるんだ

本当ほんとう”なんて
自己申告じこしんこくには
説得力せっとくりょくがないね
他人たにんからえるぼく
どうおもわれたいかの口実こうじつ
印象操作いんしょうそうさするように
知的ちてきでスタイリッシュな
イメージがしいんだ

そんな軽薄けいはく
本音ほんね軽蔑けいべつしてる
自分じぶんづかないふりして
相変あいかわらずぼくは ずっと
むかしからのうそとおしてる
もう辻褄つじつま わなくなって
なんだかしたい

一番好いちばんすきだとみんなにっていた
小説しょうせつのストーリーに
自信じしんがなくなってたのは
最後さいごまではんでないのかな

表紙ひょうしのデザインもそこにいてある字体じたいおぼえているのに、
小説しょうせつのタイトルがおもせない。
どうしても気持きもわるくて
実家じっかぼく部屋へや本棚ほんだなつくえうえ押入おしいれもさがしたのに、
そんな小説しょうせつはどこにもなかった」

それははじめから
あったのかな
想像そうぞうなか
記憶きおくじゃないか
どこかで勝手かって
つくげて
大事だいじにして
理想りそうぼく

一番好いちばんすきだと自分じぶんおもってた
小説しょうせつのタイトルが
なかなか なかったのは
たぶん そんなきじゃないだけ

一番好いちばんすきだとってた小説しょうせつ
わすれるわけがないだろう
元々もともと 存在そんざいしなかった
だれらないなにしくて ぼくは…

きじゃないのか
きじゃないのか
きじゃないのか
きじゃないんだ

いちばんすきだとみんなにいっていたしょうせつのたいとるを···

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない 歌手:上村ひなの(日向坂46)

リンクコード:

ブログ用リンク: