1. 歌詞検索UtaTen
  2. 上白石萌音
  3. 一縷歌詞

2019.10.14 リリース

「一縷」の歌詞

映画 楽園 主題歌

上白石萌音

iTunesで購入
曲名
一縷
アルバム
一縷 - Single
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
運命うんめいはどこからともなく やってきてこのほおかすめる
れられたら最後さいご あらがうことさえできないとりながら

きずだらけでかわのぼってく あのさかなたちのように
わたしたちにのこされたもがきかたなど いくつもなくて

ゆめだけじゃきてゆけないからと かきあつめた現実げんじつ
いまじゃもうびつきわたしなか かたにぶしずんだまま

でもね せめて これくらいはっていても ねぇいいでしょう?
だいそれた希望きぼうなんかじゃなく だれづかないほどの ちいさなひかり

かなしみは 何気なにげないかおで こちらをるだけ なにわず
かがみのように わたしこころかたむ方角ほうがくりたげに

なみだ言葉ことばわらいも 嗚咽おえつないようなこころ
ひとはいまだ 名前なまえもつけられずに およがしつづける

ゆめだけじゃきてゆけないから」と らぬだれかの言葉ことば
どれだけこころひたそうとも わたしをじっと 見続みつづける姿すがた

わたしゆめがどっかで 迷子まいごになっても
「こっちだよ」ってわかる くらいのひかりになるよ

つちてた荒野こうやひとなにるだろう
だれよりも「ここだよ」と一番いちばんかがやほし

きっと見上みあげて つぎ運命うんめいを その
手繰たぐるだろう

いちる/かみしらいしもね

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:一縷 歌手:上白石萌音

リンクコード:

ブログ用リンク:

上白石萌音の特集