1. 歌詞検索UtaTen
  2. 上野優華
  3. はじまりのうた歌詞

「はじまりのうた」の歌詞 上野優華

2018/1/17 リリース
作詞
岩里祐穂
作曲
aokado
文字サイズ
よみがな
hidden
さかうえ信号しんごうそら今日きょうたかひろがってる
駅舎えきしゃ屋根やねにかかったくももりながれていったよ

あるきだせば今朝けさからのことを
もう後悔こうかいしてたりして
ひとごみはなむかしよくみち 遠回とおまわりしてる

線路せんろ沿いフェンスのこう
見下みおろせばみどり電車でんしゃ
うよ すみたいに
バイトでへこんだ昨日きのうらないうちに
とお出来事できごとみたいね

こえるでしょ はじまりのうた
わたしむねおくほうから
そんな物語ものがたりも あんなめぐりいも
どこかにきっとかくれている
あるきだそう かぜくなら
かぜかれて どこまでも
うまくいかない一人ひとりぼっちの
しあわせはってる

カタツムリのかたちした競技場きょうぎじょう
石段いしだんうえからえる夕陽ゆうひはいつも
こんなわたし元気げんきにしてくれたよね

煉瓦造れんがづくりのガレットさん
なつかしいドアもそのまま
でも今日きょうはおやすみなのかな
ママからとどいたメッセージ いつもおなじで
わらってしまうくらい

こえてくる はじまりのうた
わたしむね鼓動こどうわせ
どんなわすれものも どんなとしものも
いつかきっとつかるでしょう
あるいていこう かぜくなら
かぜくまま いつまでも
こぼれちたなみだ あふれだした気持きも
しあわせはってる

まちはいつもわりつづけてる
季節きせつとおぎてく
わたし大切たいせつおも明日あしたれてゆくから

こえるでしょ はじまりのうた
わたしむねおくほうから
そんな物語ものがたりも あんなめぐりいも
どこかにきっとかくれている
あるきだそう かぜくなら
かぜかれて どこまでも
うまくいかない一人ひとりぼっちの
しあわせはってる
LaLaLa