1. 歌詞検索UtaTen
  2. 中村美律子
  3. 長編歌謡浪曲「無法松の恋」松五郎と吉岡夫人歌詞

2016.7.6 リリース

「長編歌謡浪曲「無法松の恋」松五郎と吉岡夫人」の歌詞 中村美律子

作詞
池田政之,岩下俊作「富島松五郎伝」
作曲
弦哲也
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
あらぶるなみ玄界灘げんかいなだ
おとこうみというけれど
黄昏たそがれなぎさ橙色だいだいいろ
めてせつない あの夕日ゆうひ
ほんなこつ ほんなこつこのおれ
なみだこらえる 無法松むほうまつ

あ~、ぼんぼんをせた汽車きしゃが…。
あのちいさかったぼんぼんが一人ひとり汽車きしゃっていくと。
松五郎まつごろうさん。敏雄としおはもうむっつの子供こどもじゃありませんよ。
かっとります。高校生こうこうせいじゃ。けんど熊本くまもと寄宿きしゅくはいらんばいかんとは、
おくさん、さびしゅうなりましょうなぁ。
ええ。まれてはじめての一人暮ひとりぐらしになりました…。
なんね。心配しんぱいなか。わしがついとるやなかとね。
わたし本当ほんとう感謝かんしゃしているんですの。主人しゅじんくなって八年はちねん
おんな一人ひとりであのそだててこられたのも、みんな松五郎まつごろうさんがかげになり
日向ひなたになってささえてくださったからですわ。
陸軍りくぐん大尉たいいじゃった吉岡よしおか旦那だんなが、軍事ぐんじ演習えんしゅうあめにぬれて風邪かぜいたぁ
おもうたらあっというに…らぬなかならとにもかく、そのおくさん、いや、
わす形見がたみのぼんぼんをほうってはおけんかった。
まぁおくさんには迷惑めいわくやったかもしれまっせんな…。
いいえ、わたしほうこそ、わたし意地いじ松五郎まつごろうさんを
んでしまったのではないかと、やんでいるんですわ。
エッ、おくさんの意地いじ? そりゃなにですかいのう?
いまだからおはなしします。主人しゅじんくなってしばらくしたころ
実家じっかあにから再婚さいこんはなしまれたのです。
え…いや、おくさんなら当然とうぜんじゃ…。
でもね、わたし主人しゅじんあいしていました。
わたしおっとは、吉岡よしおか小太郎こたろう ただひとりなんです。

ひとたびとついだ このには
かえいえなど ありはせぬ
まして来世らいせちかったからにゃ
いわをもとお意地いじなれど
幾夜いくよもつらさに エ~エ~エ~しの
たったひとつの 甲斐がい
おっとてきた いとしい
このためなら いのち
いつでもてて みせましょう
このおっとぉじゃもの

…それほどまでに旦那だんなのことを…。
ごめんなさい。松五郎まつごろうさんにこんなことをかせてしまって…。
吉岡よしおか旦那だんなしあわせもんばい…ほんなこつしあわせもんばい!…。

がくもなければ 天涯孤独てんがいこどく
ついた仇名あだな無法松むほうまつ
そんなおいらが 怪我けがをした
子供こども介抱かいほう したのがえん
やがて八年はちねん いまはもう
一人暮ひとりぐらしの 未亡人みぼうじん
こぶしにぎいしばり
めたおもいを だれ

松五郎まつごろうさん。
こ、こりゃおくさん…。
どうなさったんです。敏雄としお熊本くまもとって以来いらい
ちっともいらしてくださらないじゃありませんか。
わたしなにたびでもありましたか?
滅相めっそうもない。けど、わしわしゃぼんぼんのかかりばい。
ぼんぼんがおらんあのいえは、
おくさんとくなった旦那だんないえですけん! そいじゃ!
って! 松五郎まつごろうさん、敏雄としおかえってくるんですよ!
え。おくさん、それはほんなこつ!
ええ。夏休なつやすみに、高校こうこう先生せんせいれて。
小倉おぐら祇園祭ぎおんまつりたいとかおっしゃって…。
そいつぁ、そいつぁひとつ、たのしんでもらわんといかんばい。そうかいの。
そうかいの。ぼんぼんがかえってくる。ぼんぼんが、ぼんぼんがかえってくる!

先生せんせい、ぼんぼん。あれがおとこえた祇園ぎおん太鼓だいこじゃ。
ゆっくりごらんくださいといたいところやが、あれはかえるちちゅうて、
本物ほんものかたやなかと。
いまじゃ本物ほんものたたけるやつがおらんようになってしもたけん、
本物ほんものはあんなもんじゃなかとですよ。ねぇおくさん。
わたし吉岡よしおかとついで、この小倉おぐらころはもうあのかたでしたわ。
そいじゃひとつほんまもんをご披露ひろうしようかいのう。おくさん、どうじゃろ?
ねがいできますか。
よぉ~し、松五郎まつごろう一世一代いっせいちだい祇園ぎおん太鼓たいこ、よおとってくださいや。
おおい、ちょいとたせてくれ。ええか、これがいまちよったかえるち。
そしてこれがながち。

さぁこれがいさこま…そしておくさん、これがあばちじゃ!

夏休なつやすみがわり、敏雄としお熊本くまもと寄宿きしゅくもどってしまったら、
またさびしい日々ひびがやってきます。
でも本当ほんとうさびしいのは松五郎まつごろうさんなのかもしれません。
おくさん、わしゃあさびしゅうてつらい。さびしゅうてつらい…わたしには太鼓たいこおとが、
松五郎まつごろうさんのこころこえこえたのでした。

あせあば
いのちをかけた あのおと
万来ばんらいしゅううつ
これぞ無法松むほうまつ 姿すがた
これが無法松むほうまつ 祇園ぎおん太鼓たいこおさめじゃ

あきになって、松五郎まつごろうさんはまたおかおせてはくれなくなりました。
ひとうわさで、
長年ながねんやめていたおさけびるようにんで、
すさんだらしをしているときました。
一度いちどたずねせねばとおもっていた矢先やさき

ああ、えるとおもうたらゆきじゃ…ん、
ここはぼんぼんがかようた小学校しょうがっこうやなかと…
ああ、ぼんぼんじゃ、ぼんぼんがおる。いや、そんなはずはなか。
ぼんぼんは熊本くまもと高校こうこうばい。けど、ぼんぼんがえる。
ぼんぼんが唱歌しょうかうたうちょる。あれあれ、
おくさん?おくさんもおるとね。今日きょう参観日さんかんびやったと。
まぁまぁんしゃって。おくさん、綺麗きれいばい。
まっことおくさんはわし女神めがみさまばい…おくさん…わしゃ… わしゃ…
おくさん!

はい。吉岡よしおかです。つないでくださいまし…はい。え? 松五郎まつごろうさんが!
そんな、
松五郎まつごろうさんが…。

ゆきあさ小学校しょうがっこう校庭こうていで、松五郎まつごろうさんがくなっていました。
松五郎まつごろうさんにはおさな
敏雄としおえていたのかもしれません。
そのおかおはそれはそれはしあわせそうに微笑ほほえみ
んでいらしたそうです…。松五郎まつごろうさんの寝起ねおきする宿やどには
柳行李やなぎごうりひとのこされていました。そのなかには、毎年まいとし正月しょうがつげていた
年玉としだまが、ふうらずに。それと五百円ごひゃくえんもの大金たいきんあずけられた、
わたし敏雄としお名義めいぎ貯金ちょきん通帳つうちょうが、そっと、そっといてありました!
松五郎まつごろうさん、貴方あなたというひとは!…。

この十年じゅうねん、あなたにあまえるばかりで、何一なにひとこたえてあげられなかった…
わたしはあなたの気持きもちにづいていました…
なのに、なのにわたしは…ゆるしてください、松五郎まつごろうさん!

とどかぬおもみのらぬこい
祇園ぎおん太鼓たいこめて
うでれよう いのちもいらぬ
これが松五郎まつごろう あば
これでよか これでよかゆめ花火はなび
おとこ一途いちず無法松むほうまつ

ちょうへんかようろうきょく「むほうまつのこい」まつごろう···

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:長編歌謡浪曲「無法松の恋」松五郎と吉岡夫人 歌手:中村美律子

リンクコード:

ブログ用リンク: