1. 歌詞検索UtaTen
  2. 中条きよし
  3. 冬花火歌詞

「冬花火」の歌詞 中条きよし

2004/9/1 リリース
作詞
山口洋子
作曲
浜圭介
文字サイズ
よみがな
hidden
夜更よふけのガラスまどを つたうあめ
わかれたおんななみだてる
意味いみなく小指こゆびで あいあいがさ
かくのが さびしいくせだった
不倫ふりんという手荷物てにもつ
ふやしておまえは
どこにいる

このままおれそばで ねむりたいと
うたびおまえは くちびるかんだ
えてるこころ裏切うらぎるような
ひやりとつめたい はだのいろ
みれんという途中駅とちゅうえき
りれば夜風よかぜ
びもどす

ショールにほおをうめて あるきながら
んでもいいわと ぽつりといった
季節きせつおなじに えてくこい
つかのゆめみた ふゆ花火はなび
別離べつりという停車場ていしゃじょう
いまでもいそうな
うしろかげ