1. 歌詞検索UtaTen
  2. 丸山圭子
  3. ガラスの森歌詞

1983.3.5 リリース

「ガラスの森」の歌詞 丸山圭子

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
ちかづけば のように
えあがる ガラスのもり

薄紫うすむらさき黄昏たそがれ
そびえつ ビルの窓辺まどべ
デスクに たたずむおんな

ひとりでは きられない
さびしさに ドラマがはじまる
こい予感よかんはし

いま 運命うんめいあそばれて
危険きけんなめぐり
とびらまえですれちがいとしいひと

ちかづけば のように
あいえてしまう
もとめあう 指先ゆびさき
くずれてゆく ガラスのもり

夜霧よぎりにかすむ イルミネーション
わせの スカイラウンジ
キャンドルの あかりがゆれる

ひとりやさしく つめる
あのひと視線しせんがまぶしい
おもいがかさなる一瞬ひととき

ただ あいきるのか
仕事しごときるのか
せつないひと背中せなかくちづける

ちかづけば のように
あいえてしまう
もとめあう 指先ゆびさき
くずれてゆく ガラスのもり

ちかづけば のように
あいえてしまう
もとめあう 指先ゆびさき
くずれてゆく ガラスのもり

がらすのもり/まるやまけいこ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ガラスの森 歌手:丸山圭子

リンクコード:

ブログ用リンク: