1. 歌詞検索UtaTen
  2. 乃木坂46
  3. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた歌詞

「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」の歌詞 乃木坂46

2014/10/8 リリース
作詞
秋元康
作曲
三輪智也
文字サイズ
よみがな
hidden
あの ぼく咄嗟とっさ
うそをついたんだ
どんなうそ
いまおぼえていない

それは大人おとなになっても
こころのどこかに
にがえき
にじませているようだ

やさしさを勘違かんちがいして
本当ほんとう気持きもちをてた
とおくで九月くがつせみいた

もしもやりなおせるなら
どこまでもどそうか
きみはじめて出逢であった
それともきになった
たったひとつの秘密ひみつ
つくってしまっただけで
きみぼく
ちがそらている

だけど その眼差まなざしは
ちゃんとおぼえてる
ほかのことは
全部ぜんぶわすれてるのに…

まるでカメラのシャッター
ったかのように
ぼくうそ
時間じかんめたんだろう

不確ふたしかなあいのせいで
きずつけることをおそれた
おもいは夕立ゆうだちみたいだった

なぜかこれでよかったと
いまではおもえてしまう
だって こころ片隅かたすみ
こんないたみがあるから
もしも正直しょうじきだったら
いたみもなにもないまま
ぼくはもっとズルいひとになってた

もしもやりなおせるなら
どこまでもどそうか
きみはじめて出逢であった
それともきになった
たったひとつの秘密ひみつ
つくってしまっただけで
きみぼく
ちがそらている