1. 歌詞検索UtaTen
  2. 乙女新党
  3. 始まりのうた歌詞

「始まりのうた」の歌詞 乙女新党

2014/6/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
最初さいしょはね ぎこちなくて
不安ふあんかくしたまま
出逢であえたことの奇跡きせきにさえ
気付きづけずにいたね

手探てさぐりの日々ひび一緒いっしょ
えるそのたび
いつしかこころすこしずつ
距離きょりちぢめたね

おな時代じだいまれたこと
おな時間じかんごせたこと
何気なにげない言葉ことば
ちいさなしあわ
そのすべてが 勇気ゆうきくれた

はじまりのうたをうたおう
ちゃんと このみちあるくために
何年なんねんかかっても またかなら
ゆめさきおうね いつか…

たしかなモノはいつでも
えないから ときには

素直すなおになれずにつよがって
きずつけったね

いまきているということ
これからをきるということ
からないけれど
ならんでるかげ
ほら どこまでもつづいてる

このそらにうたをうたおう
けた季節きせつあかしに
かかえきれない希望きぼう欠片かけら
わたしたちのアシタをらすから

指切ゆびきりをした小指こゆび
つよつよねがいをめて
まだらないミライでかなら
わらっておうね いつか…

くじけそうになるときも
けそうになるときも
きっとこれから
何度なんどもあるけど
大丈夫だいじょうぶだよ
(大丈夫だいじょうぶだよ)
それでもいいよ
(それでもいいよ)
いつまでもわたしたちは つながってる

今日きょうおもわり
やがて大人おとなになったにも
ひとみじて みみませば
こえる みんなのこえ わすれないから

はじまりのうたをうたおう
ちゃんと このみちあるくために
何年なんねんかかっても またかなら
ゆめさきおうね
いつか…
いつか…
いつか…
いつか…