1. 歌詞検索UtaTen
  2. 二宮和也(嵐)
  3. それはやっぱり君でした歌詞

「それはやっぱり君でした」の歌詞 二宮和也(嵐)

2012/10/31 リリース
作詞
二宮和也
作曲
大知正紘
文字サイズ
よみがな
hidden
わかりやすくそう簡単かんたんに。
きみぼくもわかるくらい簡単かんたんに。
つたえてみよう。
きなんだよ。

かげかさねたあの場所ばしょのことや。
おなときあるきつないできたことや。
そんなとき全部変ぜんぶかえて...

うたえるように、とどように、きみむかえにけたらな。。

ばくにはわかるんだ、きみのいる場所ばしょが。
まるでえてるかのように、となりにいるように。
だからつらいんだ。わかっているから、どうしてもけないんだ。
「まだまだ頑張がんばれ」ってそこからきみわらうから…。

きみにごはんつくって。
きみきなものをだして。
でもらない。
…それにもれたよ。

今度こんどうまく、つくったら。そんなわけないのに頑張がんばってみる。。

きみにはえて、ぼくにはえない。
っぱらったいきおいで「ずるい」とつぶやく。
どうかな? ぼくはちょっとかわったのかな?
"だらしなくなってきた?"
窓風まどかぜってこえた。相変あいかわらずだな…

やさしくわらきみがあの時間じかん空間くうかんが。
きたくなるくらい一番大事いちばんだいじなものだよ。
なんってたころえなかった。
…どうしてえなかったかな?
見上みあげたさきのものより、きみきみは...
いまならえる。

にじよりきみはキレイだ…。