1. 歌詞検索UtaTen
  2. 二宮和也(嵐)
  3. 1992*4##111歌詞

「1992*4##111」の歌詞 二宮和也(嵐)

2010/8/4 リリース
作詞
二宮和也
作曲
二宮和也
文字サイズ
よみがな
hidden
ずかしいから、
きみには暗号あんごうおくことめたんだ。そうしよう。
ヒントはそうだな。
"きだよ"とかそんなかっこいい言葉ことばじゃない。

でも不思議ふしぎだな…。
きなひとにも、きらいなひとにもおなじだけつたわる
この言葉ことばはそう、いまなおのこ
唯一ゆいいつ魔法まほうかもしれない…。

多分たぶんそうなんだ。きっとそうなんだ。
たりまえ存在そんざいするものなんだ。
だからぼくはそれを"暗号とくべつ"にしたんだ。
こっそりだれにもバレないように…。
そしたら自分じぶんだけの意味いみかんがすだろうな。

つからなくて、
必死ひっしになってさがきみはあまりにも可愛かわいくて。
ヒントはそうだな。
"ごめんね"とかとよく一緒いっしょにいるかもね。

ちっちゃいだって、そのおやだって、
だれもが使つかっている魔法まほうなんだから。
もしもぼくにも子供こども出来できたら。
まよわず最初さいしょにこれをおしえよう…。

多分たぶんそうなんだ。きっとそうなんだ。
永遠えいえんなんて存在そんざいしないものだから。
いま全力ぜんりょくあいせるんだ。
だから明日あすの、明後日あさっての、そのさきには…
えるがするんだ。ずかしがらず、素直すなおに…。

もし…たとえばのはなし
そんなガラじゃないけど、
ぼく人生最後じんせいさいご言葉ことば
わらってう、"1992*4##111コレ"なんだ。

多分たぶんじゃなくて。絶対ぜったいそうなんだ。
ひとりでここまでやってきたわけじゃないから。
いまおもうんだ。いろんな人達ひとたち
かおが、笑顔えがおに、わるときには。
そのとなりでさきに、わかったきみがいたんだ…。

これから、どうなっていくんだ??
そんなのわかんないけど、
全然不安ぜんぜんふあんじゃないんだよ。
きみ笑顔えがおなによりのこたえだから。
解読出来かいどくできたんだ。だったならば、
最後さいごにもうひとつたえたいこと、それは…