1. 歌詞検索UtaTen
  2. 二宮和也(嵐)
  3. 20825日目の曲歌詞

「20825日目の曲」の歌詞 二宮和也(嵐)

2005/8/20 リリース
作詞
二宮和也
作曲
二宮和也
文字サイズ
よみがな
hidden
ビックリした。こんなにもあなたの事考ことかんがえたのはじめてだ。
家族かぞくなのに、いやだからか、たり前過まえすぎたのか。

あれがこうなって それがどうなってなんて
むずかしくかんがえないで たまには大声おおごえわらえば

おれはさ、あなたの息子むすこで。あなたはそうおれおやであって。
たまたまかもれないけど、それだけは唯一ゆいいつほこりで
ずかしいからってないけど。
そうおもってるよ…

最近白髪さいきんしらが 目立めだつようになったから。
もういいんじゃない?

ずっとひとためきてきたんだからこれからは
やりたいようにきる…っても無理むりだな。
やさぎるから。

なんでかな?ドラマチックにけないや。
本当普通過ほんとうふつうすぎて。
でもそれが俺達おれたちなんだね。いままでもこれからもずっと。
このままでいいよ。こう。
おもったように…

ずっとこのままあるいてけば、きっといつかるんだよな…

もし、おれがあなたの立場たちばになったのならどうおもうのだろう?
そのときかるのがくやしいんだよ。
あなたの偉大いだいさを…

だからね、多分言たぶんいわないよ。ばあちゃんはすごいひとだって
だってくやしいから。でも
ありがとう…