1. 歌詞検索UtaTen
  2. 井上苑子
  3. 何でもない歌詞

2019.5.29 リリース

「何でもない」の歌詞 井上苑子

作詞
井上苑子 ,白戸佑輔
作曲
白戸佑輔
iTunesで購入
曲名
何でもない
アルバム
白と色イロ
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
なんでもないようなこと はなしてただけの毎日まいにち
たとえばあのとききみといたのことだって
いろんな大事だいじなもの ふれてたはずだよ
ひとつもまだ気付きづかず あるいてるだけ

ひとがくれたやさしさは そこにあったんだ
もうもどれないのにさがすのは何故なぜ?

「もう 大丈夫だいじょうぶ大丈夫だいじょうぶだ」って かせる
そう うそをついてたら 大人おとなになってしまったんだ
「ああ だ」って らないだれかがわらった
こころからそれをっているようだった

ふと まわりをてると 自分じぶんだけがいやになる
だれかのことあいせてたか? やさしくできたか?
れないままのくつで そこからげると
はじめて ねえ 自分じぶん本音ほんねえた

いかけてみる 今日きょうもまたれるだけ?
れたはずのいたらないいた

「もう どうだっていい どうだっていい」なんて わないで
こたえのない日々ひびこたえをさがしてつかれちゃいそう
ああ このままなにかんがえないままで
きていることはだれかにとってとくなんだろう

自分自身じぶんじしん わたしきだったものを
わすれて

「もう 大丈夫だいじょうぶ大丈夫だいじょうぶだ」って かせる
そう うそをついてたら 大人おとなになってしまったんだ
「ああ だ」って らないだれかがわらった
こころからそれをっているようだった

なんでもない/いのうえそのこ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:何でもない 歌手:井上苑子

リンクコード:

ブログ用リンク:

井上苑子の特集

井上苑子の特集を全て見る