1. 冬の星歌詞

「冬の星」の歌詞 伊藤咲子

2007/8/22 リリース
作詞
阿久悠
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
つめたくこごえる ふゆ星座せいざ
汽車きしゃまどからつめ わたしたび
からだがふるえる むね不安ふあん
つよきしめながら あなたのまち
もしもむかえてくれたなら
わたしはきっとくでしょう
こころのはりが なくなって
そのまま たおれてしまうでしょう

だから今度こんどだけは わがままゆるして
わたしこいはもうもどれない もどれない

うしろにとびまちあかりを
じっとつめておもう ほんとはこわいのと
一生いっしょう一度いちどこいにしたいの
なみだながれてばかり 夜汽車よぎしゃねむれない
もしもあいしてくれたなら
わたしはもっとあいします
こころなかの すみずみも
あなたをかんじて きるでしょう

だから今度こんどだけは わがままゆるして
わたしこいはもうもどれない もどれない