1. 歌詞検索UtaTen
  2. 伊藤咲子
  3. 夏の少年歌詞

「夏の少年」の歌詞 伊藤咲子

1993/6/30 リリース
作詞
阿久悠
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
名前なまえらない真夏まなつ少年しょうねん
こころうばわれつめていたわたし
サーフボードわきにかかえったよ
ぎらぎらえてる太陽たいようけて
おきからきしへとなみのりあざやかに
くろかおしろみをうかべた
つかのまの季節きせつえあがるこい
すなよりあつおもいをがし
わたしはじっとつめていたよ

むぎわら帽子ぼうしのやさしいこのにお
浜辺はまべでうとうと昼寝ひるねをしていたら
不意ふいかたをポンとたたてたよ
なみのりおしえてあげるといったけど
あなたの姿すがたているほうがいい
そんなことをあかくなっていったよ
つかのまの季節きせつえあがるこい
もうすぐおわ真夏まなつしみ
二人ふたりはいつもつめていたよ