1. 花紋歌詞

「花紋」の歌詞 牙狼-紅蓮ノ月- ED 佐咲紗花

2015/11/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
光在ひかりあればかげほど うつろうまぼろし
うつつことわりくもはかな
はらり ひらり悪夢ゆめおぼれたちょう
そっとばしても くだけ

灯火ともしび調しらべ[あまく] はなのよにかなで[とおく]
みやぶればつき
かえらぬぬくもり[やさしく] きしめて [よいあかりめがけ

たかがれ びともんけて
まもりたい こころ記憶きおくそこてまでも
おどほこったこのひかり
かさねて またかがやかす 紅蓮ぐれんにたゆたう ちぎりのはな

ふわり ゆらり波打なみうみずうつ姿すがた
やっととどいても くだけ

ことあふれ[あわく] 雨音あまおとられ[ふかく]
見上みあげればほし
かなわぬねがいを[のこらず] きしめて [きた証求あかしもとめ]

たかがれ ぎしまよてて
ながしたい いたみも 記憶きおくそこかなしみも
おどらし 黄泉帰よみがえるこの鼓動こどう
幾世いくよも またかえ紅蓮ぐれんにたゆたう 運命さだめはな

いかけし まことつよさとは
けがひとみ色染いろそめて
はかなりぬれども その心潤こころうるお
月夜つきよみちび花紋はなあや

とき最果さいはてへ あかゆめ いざな
たとえその御魂みたま形無かたちなきものでっても...

たかがれ ひともんけて
まもりたい こころ記憶きおくそこてまでも
おどほこったこのひかり
かさねて またかがやかす
紅蓮ぐれんにたゆたう ちぎりのはな
可憐かれんりそう 運命さだめはな