1. 歌詞検索UtaTen
  2. 佐藤竹善
  3. 十三夜の月歌詞

「十三夜の月」の歌詞 佐藤竹善

1999/7/28 リリース
作詞
佐藤竹善
作曲
佐藤竹善
文字サイズ
よみがな
hidden
まりながめるまちにはもう
ときめきのかけらもくした
しんじた地図ちずにもふりまわされ
がかすむ

清廉せいれんひかりしんじていたのは
にせはなびらとづいた
おもすぎたよろいとらわれずに
あるきたい

きみかかげて
おなたかさにめたら
あたらしい笑顔えがおをこしらえて
はじめるよ まぼろしでも
りないちからだけど
十三夜じゅうさんやつきように

こえらしていたころえない
片隅かたすみ椅子いすにたたずみ
つじつまわせた日々ひびわか
微笑ほほえんだ

きみかかげて
おなたかさにめたら
きつくうでかおめて
すよ すべててて
まだけたこころだけど
十三夜じゅうさんやつきように

むね過去かこ現在いま未来みらいつらぬ
わらない時間ときじくさからったおろかさ
きみやわらかさにつつまれ
途切とぎれたいきかえす again

きみかかげて
おなたかさにめたら
あたらしい笑顔えがおをこしらえて
はじめるよ まぼろしでも

きみかかげて
おなたかさにほおせるたら
きつくうでかおめて
すよ すべててて
いつかちるとしんじるさ
あの十三夜じゅうさんやつきように