1. 歌詞検索UtaTen
  2. 佐野元春
  3. 僕は愚かな人類の子供だった歌詞

1999.3.1 リリース

「僕は愚かな人類の子供だった」の歌詞 佐野元春

作詞
佐野元春
作曲
佐野元春
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
よみがな
おさなぼくいた
きみ勇気ゆうきせたとき
なぜならぼくには
勇気ゆうきがなかったから

おさなぼくわらった
きみ失敗しっぱいしたとき
なぜならぼくもよく失敗しっぱいしたから

おさなぼくおこった
きみたたかいをいどむとき
なぜならぼくにも
理由りゆうがわかっていたから

おさなぼくそらけた
きみだれかをたすけにくとき
なぜならきみ
手招てまねきをしたから

おさなぼくはうれしかった
きみだれかにきしめられたとき
なぜならぼく
だれかにきしめられたかったから

きみ朝起あさおきて
家族かぞく食事しょくじをし
制服せいふく学校がっこうった
きみこいをして
友達ともだちあそ
無茶むちゃをして
大人おとなからしかられた
まるでぼくおなじように
まるでぼくおなじように

一度いちど きみあるくときの
くつこすれるおと真似まねたことがある
でもぼくくつちがおとがした

やがてきみ英雄えいゆうになった
きみおろかな人類じんるいのために犠牲ぎせいはらつづけた
きみはそのおろかな人類じんるい仲間入なかまいりをしたいとねがった

ぼくにはどうすることもできなかった
そしてきみ
ぼく英雄えいゆうになった

おさなぼく残酷ざんこくだった
きみがアンドロイドとるまでは
なぜならぼくにはあい正義せいぎもなかったから

きみがいなくなったとき
おさなぼくいた
さびしかったからではなく
なぜならぼく
おろかな人類じんるい子供こどもだったから

佐野元春の特集