1. 歌詞検索UtaTen
  2. 佐野元春
  3. 水の中のグラジオラス歌詞

「水の中のグラジオラス」の歌詞 佐野元春

1990/5/12 リリース
作詞
佐野元春
作曲
佐野元春
文字サイズ
よみがな
hidden
かたちのくずれた窓辺まどべ
ながれてゆくかぜ
きみなみだぼくにはえていないかい?
みずなかのグラジオラスのように

たどりつくならば
砂丘さきゅうまで
あおそらしろくも
あののことだけがいまでも

なつのまぶしいひかり
およつかれてかぜ
きみの「さよなら」がぼくには
こえてないかい?
みずなかのグラジオラスのように

あぁ、どうしてラブソングは
かわいたカスタネットのおとしかかなでないのか?
肉体にくたいまくらにして
それはまるで
ひびれたほねがぶつかりあっているようだ。
おれはおれたちの時代じだい
しがみついているモラルのハンマーをにくむ。
その幻影げんえいにとまどいながら
ベルベットのあめ
絶望ぜつぼうりしきるよる
きみ孔雀くじゃくのようにはねをひろげる。
この世界せかい無残むざん
こわれたものをふたたこわしながら。