1. 歌詞検索UtaTen
  2. 光GENJI
  3. 銀の風歌詞

1988.7.28 リリース

「銀の風」の歌詞 光GENJI

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
ぎんかぜをつれて 草原そうげんまちこう
くさのしずく れたスニーカーえだそう
もしもどこかで みちまよっても
安心あんしんしていいよ
きみかた小鳥ことりたちが
もりみちげてうた
きみをね かなしませるなんて
できないのさ だれにも
ゆめはりいととで
んだポケットのなか
あいあつめよう

しろはなのクロス きつめて食事しょくじしよう
小鳥ことりたちみたいにをね わけあおうよ
だけど みずうみボートをかべて
さびしそうだったら
ぼくきみを そうとびきり
わらわせてね あげるからさ
きみをね かなしませるなんて
できないのさ だれにも
ブルーのペンキ
よるそらりかえても
ほしひかるよ

ふたりだけにわかる
ねえ めじるしがあるね
ああ きだよ いつでも どこでも

きみをね かなしませるなんて
できないのさ だれにも
ブルーのペンキ
よるそらりかえても
ほしひか
きみをね かなしませるなんて
できないのさ 永遠えいえん
ゆめはりいととで
んだポケットのなか あいがいっぱい

ぎんのかぜ/ひかるげんじ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:銀の風 歌手:光GENJI

リンクコード:

ブログ用リンク:

光GENJIの特集