1. 歌詞検索UtaTen
  2. 八神純子
  3. タイトロープ歌詞

「タイトロープ」の歌詞 八神純子

1994/8/21 リリース
作詞
岩里祐穂
作曲
八神純子
文字サイズ
よみがな
hidden
どうしてこんなにもたださびしいのだろう
あなたがそばにいるのにみじめのなのは何故なぜ?

いて かおせて だれより
あなただけをあいしているのよ

まわ都会とかい ヒールのおと 黄昏たそがれいましのび
からみついた疑惑ぎわくいとをはやくほどいてよ

二人ふたりきずいたものはこわせやしないわ
はげしくえた季節きせつわったとしても

いつだってまえいてきてた
そのちからをあなたがくれたの

きしめてよ やさしいひと あなたもづいてるはず
はなれたってわたしかがやきしかあいせない
わたししかあいせない

おどりましょう 出逢であったあの
星空ほしぞらいまでもわすれない

窓辺まどべかげ 背中せなかのドア かなしげなその横顔よこがお
からみついた絨毯じゅうたんいとをはやくほどいてよ

くちづけて あなたなしじゃ一秒いちびょうきてけない
わたしだってくずれそうなこころかくしてる

きしめてよ やさしいひと あなたもづいてるはず
はなれたってわたしかがやきしかあいせない
わたししかあいせない

まわ都会とかい ヒールのおと 黄昏たそがれいましのび
からみついた疑惑ぎわくいとをはやくほどいてよ