「生きるから」の歌詞 八神純子

2016/1/13 リリース
作詞
KAZUKI
作曲
八神純子
文字サイズ
よみがな
hidden
このほしまれきて
最初さいしょったのはあいでした

見上みあげるとあたたかな
わらこえやさしくて

てんばすこの
だれかが笑顔えがお
めてくれたから
しんじることもった

しろなキャンバスに
おもいのままえがくように
たのしくてたのしくて
明日あしたっていた

いつからかにくんでは
きずつけることしてました
裏切うらぎりもうらやみも
おさえきれない欲望よくぼう

けられた笑顔えがおさえ
わなではないかと
うたがいがふくらんで
悪魔あくまさそいにおもえて

春風はるかぜふゆ
季節きせつなどないように
かなしみもくるしみも
ぎるのをっていた

きるからなくさない
やさしさも微笑ほほえみも
きるからわすれてない
あのぬくもりを

ゆめえが明日あしたおも
このほしふたつない
きるから
ばすだれもとめてる
いま あいしんじて