1. さよならから歌詞

「さよならから」の歌詞 出光仁美&ビューティーこくぶ

2013/10/23 リリース
作詞
森田いづみ
作曲
水森英夫
文字サイズ
よみがな
hidden
人影ひとかげのない しずかなえき
あいする気持きもちを いてゆく
各駅かくえきまりの 電車でんしゃられて
あなたを わすれるの
わかれのあさ微笑ほほええば
明日あしたえそな がするよ
背中せなかをあわせた わかれのホームに
電車でんしゃすべ

こい終着駅しゅうちゃくえき秋風あきかぜめぐ
さよなら さよなら あいしてる (あいしているよ)
わすれることなど 出来できないわ (このまま…)
ときぎ (あいが) おもに (わる)
そのるまでは

わかれの理由わけ季節きせつけて
いまでも一人ひとりらしなら
あのきみむかえにくのさ
なみだぬぐうため
らないまちらしにれて
一人ひとりきると めたけど
ふとした瞬間しゅんかん あのもどって
あなたを かんじてる

こい終着駅しゅうちゃくえき春風はるかぜめぐ
一度いちど一度いちど 出逢であいたい (そのつわ)
いくつも 季節きせつかえし (何度なんども)
ぎたの (あいの) おもが (いまも)
やさしく めぐ

あの終着駅しゅうちゃくえき今日きょう始発駅しはつえき
まった時間じかんうごす (おそくはないさ)
ホームにひびいた ベルのおと (きしめ)
さよならの (あとに) おとずれる (出逢であい)
一度いちど はじめよう