1. 歌詞検索UtaTen
  2. 初恋の嵐
  3. 真夏の夜の事歌詞

「真夏の夜の事」の歌詞 初恋の嵐

2002/7/10 リリース
作詞
西山達郎
作曲
西山達郎
文字サイズ
よみがな
hidden
真夏まなつよるにとりのこされて
ぼくしずかに
きみ見据みすえて あま言葉ことば
ささやけばいい
ゆめうそまぼろしかなんて
からなくなるまでただだらしなく

時計とけいめてあいいたい
いつもはよる
れなくて なに出来できずに
こぼしてしまう
おとずれるもののいない部屋へや
いろんなことおもいかべてみたよ

次第しだいしてえるんだ
次第しだいして

これは想像そうぞうのストーリー 意味いみなど
想像そうぞうのストーリー

真夏まなつよるぼくねむれず
かんがえている
きみつめて おもったこと
くちしたい
おとずれるもののいない部屋へや
いろんなことおもいかべてみたよ

次第しだいしてしまうんだ
次第しだいして

これは想像そうぞうのストーリー 意味いみなど
想像そうぞうのストーリー
これは想像そうぞうのストーリー などでは
真夏まなつよること