1. 歌詞検索UtaTen
  2. 初恋の嵐
  3. 罪の意識歌詞

「罪の意識」の歌詞 初恋の嵐

2002/8/21 リリース
作詞
西山達郎
作曲
西山達郎
文字サイズ
よみがな
hidden
いつだってあのかる ひとみなみだをためこんでさ
つらいおもいならわなくていい よろこばすためだけにきていて
いつだってなにかをける 素振そぶりでそのまぬがれる
つらいおもいほどたやすいのに おもわずきみれてみたくなる
よろこばすためだけにきたいのに

だんだんとおざかるおものがすまいと
やっきになってる無様ぶざまぼくがいる
ぜんぜんわすれてるはずなのに意識いしき
そこにとどめて うつくしいひびきを

これはだれのための言葉ことば ぼくのうたはかくれたまま
からないのさ もがいてるんだおくほう

ぜんぜんせかけの雰囲気ふんいきろうと
やっきになってる無様ぶざまぼくがいる
ぜんぜんわすれてたはずなのにからだ
そこにとどまり それなりのうそをつく

きみきばかくしたまま くちふくむものがなに
からないから もがいてるんだおくほう
からないから もがいてるんだおくほう