1. 歌詞検索UtaTen
  2. 初音ミク
  3. 命に嫌われている。歌詞

人気!
「命に嫌われている。」の歌詞 初音ミク

2017/8/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
にたいなんてうなよ。
あきらめないできろよ。」
そんなうたただしいなんて馬鹿ばかげてるよな。

実際自分じっさいじぶんんでもよくてまわりがんだらかなしくて
「それがいやだから」っていうエゴなんです。

他人たにんきてもどうでもよくて
だれかをきらうこともファッションで
それでも「平和へいわきよう」
なんて素敵すてきなことでしょう。

画面がめんさきではだれかがんで
それをなげいてだれかがうたって
それに感化かんかされた少年しょうねん
ナイフをってはしった。


ぼくらはいのちきらわれている。
価値観かちかんもエゴもけていつもだれかをころしたいうた
簡単かんたん電波でんぱながした。
ぼくらはいのちきらわれている。
軽々かるがるしくにたいだとか
軽々かるがるしくいのちてるぼくらはいのちきらわれている。

かねがないので今日きょう一日中惰眠いちにちじゅうだみん謳歌おうかする
きる意味いみなんて見出みいだせず、無駄むだ自覚じかくしていきをする。
さびしいなんて言葉ことばでこのきずあらわせていいものか
そんな意地いじばかりかか今日きょう一人ひとりベッドにねむ

少年しょうねんだったぼくたちはいつか青年せいねんわっていく。
年老としおいていつか のようにだれにもられずちていく。
不死身ふじみ身体からだれて、一生死いっしょうしなずにきていく。
そんなSFを妄想もうそうしてる


自分じぶんんでもどうでもよくて
それでもまわりにきてしくて
矛盾むじゅんかかえてきてくなんておこられてしまう。

ただしいものはただしくいなさい。」
にたくないならきていなさい。」
かなしくなるならそれでもいいなら
ずっと一人ひとりわらえよ。

ぼくらはいのちきらわれている。
幸福こうふく意味いみすらわからず、まれた環境かんきょうばかりにくんで
簡単かんたん過去かこばかりのろう。
ぼくらはいのちきらわれている。
さよならばかりがきすぎて本当ほんとうわかれなどらないぼくらはいのちきらわれている。

幸福こうふくわかれも愛情あいじょう友情ゆうじょう
滑稽こっけいゆめたわむれで全部ぜんぶカネでえる代物しろもの
明日、あしたんでしまうかもしれない。
すべて、無駄むだになるかもしれない。
あさよるはるあき
わらずだれかがどこかでぬ。
ゆめ明日あすなにもいらない。
きみきていたならそれでいい。
そうだ。本当ほんとうはそういうことがうたいたい。

いのちきらわれている。
結局けっきょくいつかはんでいく。
きみだってぼくだっていつかはのようにちてく。
それでもぼくらは必死ひっしきて
いのち必死ひっしかかえてきて
ころしてあがいてわらってかかえて
きて、きて、きて、きて、きろ。